現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 文化芸術課 > ロビン > 「とりび」での美術作品と音楽の素敵な共演(ロビン)

印刷する

更新日:2021年6月14日

ここから本文です。

「とりび」での美術作品と音楽の素敵な共演(ロビン)

6月23日(水曜日)まで開催中の「とりび」のオープニングセレモニーの様子をご紹介します。

ともちんあなごさんも、【とりび】音楽と美術の共鳴(ともちんあなご)で「音楽と美術が共鳴し、生まれる一体感」と紹介くださっていますが、アート作品の囲まれた中でのフルートとチェロの調べ。とても素敵な空間でした。

演奏を聴いているお客さんの中にダチョウが混ざっています

上の写真、よく見ると、6月12日から!「とりび」スタート(ともちんあなご)でともちんあなごさんが素敵な写真で紹介して下さっていたダチョウさんも、お客さんと一緒に演奏に聴き入っているかのようです。

工芸品と演奏者

演奏者の後ろには書の作品が、演奏者と客席の間には工芸作品が並んでいました。
なんとも贅沢な空間だと思いませんか?

犬の彫刻も演奏に耳を傾けています

ワンちゃんの彫刻も演奏に耳を傾けていました。

 

この演奏はオープニングセレモニーの時のみなので、今回はもう鑑賞することはできませんが、是非、覚えておいていただいて、次回以降の「とりび」オープニングセレモニーの際には、是非足をお運びください。

「とりび」の展示自体は、6月23日(水曜日)まで取手ウェルネスプラザで開催中ですので、是非ご覧ください。詳細は以下のリンク先でご確認いただけます。

 

広告エリア

広告募集要綱