現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > ともちんあなご > 濃厚接触者とは(ともちんあなご)

印刷する

更新日:2021年2月17日

ここから本文です。

濃厚接触者とは(ともちんあなご)

皆さんこんにちは、ともちんあなごです。
広報とりで2月15日号2ページでは、新型コロナ感染症関連記事を掲載しています。
広報とりで2月15日号はコチラ

取手市の感染状況を見ると、濃厚接触者の割合が多く、家族や知人などからの感染が疑われるケースが増えています。
そこで今回のささやきでは、広報でも掲載した濃厚接触者に関する相談でよくある質問と回答を紹介します。

濃厚接触者に関するQ&A

濃厚接触者のイメージ図(トップ画像用)

濃厚接触者とはどのような人?

ポイントは「距離」と「時間」です。検査で陽性となったかた(陽性者)が発症する2日前(陽性者が無症状の場合は検体採取日の2日前)から、次のような接触のあった人を指します。

  • 陽性者と同居または長時間の接触
  • 陽性者と手が触れることのできる距離(約1メートル)で、感染予防策(マスクなど)をせずに、15分以上接触

キーワード:「距離1メートル以内」「マスクなど無し」「15分以上」

接触の程度などを保健所が調査し判断します。同じクラス・職場で陽性者が発生しても、一概に濃厚接触者になるとは言えません。

家族の1人が濃厚接触者になったら、他の同居家族も濃厚接触者になるの?

濃厚接触者と接触しても、すぐに濃厚接触者と判定されるわけではありません。濃厚接触者である家族のかたが検査で陽性となれば、保健所が改めて調査し必要なかたには検査をします。

濃厚接触者になったら、何に注意すればいいの?

濃厚接触者と判断されたら、陽性者と接触後14日間は保健所の指示に従ってください。検査結果が陰性でも感染している可能性はあるため、健康状態に注意を払い、不要不急の外出は控えてください。

体調に異変を感じたら、受診の前にまずは電話相談を!

体調に異変を感じたら、いきなり医療機関を受診するのではなく、まずは電話で相談しましょう。
詳しくは下記のページをご確認ください。
体調に異変を感じたら、受診の前にまずは電話相談を!

 

広告エリア

広告募集要綱