現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > ともちんあなご > 【とりび】着る芸術(ともちんあなご)

印刷する

更新日:2021年6月24日

ここから本文です。

【とりび】着る芸術(ともちんあなご)

皆さんこんにちは、ともちんあなごです。
とりび開催中はとりびに関する豆知識を更新したいと思います。

「着て」楽しむ芸術作品?

入り口で受け付けを済ませると、まず目に飛び込んでくる印象的な作品があります。
【とりび】マネキンに飾られたプルタブで作られた展示作品(本文用)
キラキラとした光沢がキレイなドレスと羽織ものです。
作品の前に設置されている案内板には、空き缶の写真が…?
もう少し作品に近付いてみましょう。
【とりび】展示作品プルタブのアップ写真
キラキラの正体は空き缶のプルタブでした!
「なんて秀逸な素材なんだろう…」と驚いていると、ちょうど作者のわたなべじゅんこさんが会場にいらっしゃったので、お話することができました。
「ぜひ着てみてください!」というお言葉に甘え、作品を試着させてもらいました。
【とりび】プルタブで作られた展示作品(本文用)
トップ画像に使用した写真です。
着るまでは「重いのかなぁ?」と思っていましたが、ほどよく絶妙な存在感が身体を優しく包んでくれます。
夏にピッタリのひんやりとした質感で、暑がりのともちんあなごにはピッタリです。
とりび開催期間中、会場にいる係のかたに声をかければ、試着することができます。
念のため、腕時計や貴重品は外しましょう。

わたなべさんは、約20年前からプルタブを収集しているそうです。
コツコツとプルタブを集めることも、それを一つ一つ紡いでいくことも、とても大変だと思います。
しかし、「作品を見たかたの毎日が、すてきでありますように」と話すわたなべさんの笑顔は、とびきり明るくて作品に負けない輝きでした。
あっと驚くような素材や、新たな価値観との出合いは、とりびの楽しみの一つですね。

とりびに関するささやき

6月12日から!「とりび」スタート(ともちんあなご)

とりびの開催予告編です。作品を俯瞰するダチョウの瞳が印象的です。
【とりび】音楽と美術の共鳴(ともちんあなご)

「とりび」での美術作品と音楽の素敵な共演(ロビン)

6月12日(土曜日)に開催されたオープニングセレモニー、ギャラリーコンサートの様子です。
会場内のダチョウやワンちゃんも聴き入っています!

明日、6月19日(土曜日)は「おしゃべり鑑賞ツアー」を開催!

日時 6月19日(土曜日)午後2時から3時

アートコミュニケータと一緒に、グループでいくつかの作品を鑑賞しながら感じたことを話し合います。
作家が作品を開設し、質問にも答えてくれます。
アートコミュニケータとは、アートと人をつなぐコミュニケーションを生み出すつなぎ手です。


この場でしか聞けない貴重なエピソードがあるかもしれません!
申し込みはありませんので、興味のあるかたは明日、直接取手ウェルネスプラザまでお越しください。
ご来場の際は、感染症対策へのご理解とご協力をお願いします。

 

広告エリア

広告募集要綱