現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市長・副市長・教育長 > 教育長 矢作進 > 取手聖徳「児童保育学習発表会」(教育長 矢作進)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月28日

取手聖徳「児童保育学習発表会」(教育長 矢作進)

2月18日、土曜日に、取手聖徳女子高等学校の児童保育進学コースの学習発表会を参観して来ました。
毎年ご招待を受けて参観しております。今年も野口副市長とご一緒でした。
赤羽議員、染谷議員、阿部議員、結城議員もご一緒でした。
児童保育進学コースの高校3年生・2年生の発表なので、毎年すばらしい発表です。
生徒の皆さんの涙に誘われて、目頭が熱くなります。魂のこもった、絆あふれる卒業発表でした。
会場に入ると、エプロンシアターでも使える可愛いエプロンが展示されていました。
小学校でも、食育の学習で、栄養士の先生が、雰囲気作りに、手作りで製作し使っています。
アンパンマンエプロンエプロン2
発表のプログラムには、保育の指導に必要な楽しい音楽や踊りがたくさん入っていました。
「手遊び」「体操遊び」「エプロンシアタ-」「ペープサート」「リズム遊び」「創作ダンス」「手話ソング」、作詞作曲した「新曲」の演奏もあります。皆さんピアノ演奏ができ、作詞作曲をしているそうです。
「エプロンシアター」では、二人の生徒が、「にんじん大好きうさぎさん」と「北風と太陽」を上手に、楽しく発表してくれました。
今回は、毎年すばらしい「人形劇」の写真をご紹介します。
題名は「千と千尋の神隠し」です。どんな場面かご想像ください。
人形劇1

人形劇2

人形劇3

人形劇4

人形劇担当生徒

この児童保育進学コースでは、生徒の皆さんが、将来の職業として「保育士」を目指して、そのための必要な技術や勉強をしています。聖徳大学等でさらに磨きをかけて、社会で活躍してくれる日を待っています。











 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先