現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市長・副市長・教育長 > 教育長 矢作進 > ゆめあかり3.11・祈りと感謝のコンサート(教育長 矢作進)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月23日

ゆめあかり3.11・祈りと感謝のコンサート(教育長 矢作進)

3月11日、土曜日、「第6回ゆめあかり3.11 ~続ける祈り、繫(つな)がる想い~」が開催されました。
ゆめあかり
今回は日本全国に紙袋キャンドルの協力を呼びかけ、700個近くの協力があったそうです。
全体で11000個の紙袋キャンドルが飾られました。
2011年3月11日の東日本大震災で亡くなられた方の鎮魂と復興を願うイベントです。
毎年、「ゆめあかりびと」(ボランティア)の協力のお願いを「ゆめマップの会」より出されています。
ぜひ、ご協力ください。
14時46分に黙とうをし、16時にキャンドル点火、音楽イベントがスタートしました。
ゆめあかり2

ゆめあかり3

ゆめあかり4

3月21日、春分の日には、祈りと感謝のコンサート2017「未来へ」がウェルネスプラザで開催されました。
東日本大震災後に避難されていた皆様、市民で結成された「取手・南相馬・双葉・浜通りの集い」を中心に、取手市のボランティアの皆様で、2015年3月11日には、「祈りと感謝の集い」が市民会館で開催されました。
1100名もの皆様が参加されました。
このご意思を引き継いだ「東北を繋ぐ架け橋プロジェクト ひだまり」の代表 鈴木ミチさんほかの皆様で、「祈りと感謝のコンサート」と題し、被災地と取手をつなぐ音楽イベントとしての開催2回目となります。
エンディングでは、「ひだまり」を、出演者皆様と、会場の皆様全員で合唱しました。
コンサート1

仙台市出身の小島秀晃さんと副代表の大内あゆみさんのデュエットもありました。
仙台の広告会社で一緒に働いていたこともあるそうで、今回は「絆」のTシャツを着て歌いました。
小島秀晃・大内あゆみさん
浪江町出身で、群馬県に避難して、今は、中学生の娘さんと音楽活動をされている牛来美香さん。
「いつかまた浪江の空へ」という歌がヒットしたそうです。
牛来美香さん
眼に障害を持っている田口美紀さんも特別出演されました。
石巻市出身で、「扉の向こうに」という歌を歌ってくださいました。
田口美紀さん
福島市出身で、福島県を中心に音楽活動をしているのave(エィブ)さんの力強い歌もありました。
aveさん
3人組の「おと♪つむぎ」さんの演奏で、鈴木ミチさんの「赤ベコの唄」もありました。
私も、赤ベコを購入し、東北応援!赤ベコサポーターになりました。
おと♪つむぎ・鈴木ミチさん













 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先