現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 文化芸術課 > ゆいまーる > 楽しくソーシャルディスタンス(ゆいまーる )

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年6月12日

楽しくソーシャルディスタンス(ゆいまーる )

皆様こんにちは。

新型コロナウィルス感染症の状況は日々変わり、私たちが日常生活を送る上で求められるものも「自粛」から「自衛」へと変わりつつあります。

取手市ホームページでも、そんな「新しい生活様式」について紹介しています。

新型コロナウィルス感染拡大予防のための「新しい生活様式」の実践

私もたまに日用品を買いにスーパーなどに出かけますが、レジ前の床に足のマークが貼ってあるのことが当たり前だと思うようになりました。こうして新しい様式が日常になっていくのかなあと感じる今日この頃です。

 

そんな中、4月4日からお休みしていたアトレ取手の「たいけん美じゅつ場VIVA」も本日再開しましたが、新しい生活様式に沿った工夫が施されています!

VIVAPARKにおもちゃのレールが敷いてある様子

レールがない場所に座れば自然と距離がとれる仕掛け

おもちゃのレールと「さわらないでね」の表示

以前は、VIVAの利用者が談話や休憩をして過ごしていたVIVAPARK(ビバパーク)。

木製のベンチにおもちゃのレールや列車が飾られていて、一部しか座れないようになっています。

これなら、自然とソーシャルディスタンスが保てて堅苦しい感じがしませんね!

アートの施設ならではのアイデアに思わずカメラを向けてしまいました。

 

現在、VIVAの中にあるとりでアートギャラリーでは歴代の「取手市長賞」受賞作品の一部をご覧いただけます。

とりでアートギャラリーに取手市長賞受賞作品が飾られている様子

ご来場の際には、マスクの着用や3蜜の回避など、引き続き新型コロナウィルス感染症予防策にご協力をお願いいたします!

 

広告エリア

広告募集要綱