現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 行政視察の受け入れ > これまでの視察受け入れ状況 > 栃木県市貝町、鹿児島県鹿児島市議会の皆さんが視察来庁

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年6月27日

栃木県市貝町、鹿児島県鹿児島市議会の皆さんが視察来庁

平成29年7月5日(水曜日)、二つの市町議会の皆さんが取手市に視察来庁されました。

一つ目は、栃木県市貝(いちかい)町議会から小泉議長をはじめ、同議員11人と事務局職員2人の計14人の皆さんが「議会報告会について」と「政務活動費の公開について」を視察しました。
また、取手市からは、佐藤 清議長、赤羽議員、結城議員が出席しました。

二つ目は、鹿児島県鹿児島市議会から会派「社民・市民フォーラム」の大森議員をはじめ、同議員2人の計3人の皆さんが「高齢者見守りキーホルダー・ステッカーの配布に関する施策について」を視察しました。

栃木県市貝町議会の視察

歓迎のあいさつ

最初に、取手市の紹介を兼ねた歓迎のあいさつを佐藤議長が行いました。

佐藤議長の歓迎のあいさつ

続いて、市貝(いちかい)町議会の小泉議長から今回の視察の目的など、ごあいさつをいただきました。

栃木県市貝町議会の小泉議長のあいさつ

研修開始

出席者の自己紹介後、取手市議会事務局職員が今回の視察項目の「議会報告会について」と「政務活動費の公開について」を、さまざまな資料を用いて説明しました。

市貝(いちかい)町議会の皆さんは真剣な表情で議会事務局職員の説明を聞き、映し出された映像を見ていました。

議会事務局職員が操作するパソコンが映し出す映像を見る市貝町議会議員

説明の中で参考になりそうなこと等をメモに取っていました。

議会事務局職員の説明を聞き、メモをする市貝町議会議員

活発な質疑が繰り広げられました

予定時間を大幅に越える活発な質疑が行われました。

質疑を行う栃木県市貝町議員1

研修が終わるころには、参加者の空気も和み、笑顔も垣間見えました。

質疑の時間の中で、笑顔が垣間見える栃木県市貝町議員

市貝(いちかい)町議会のかたから、視察内容に基づくさまざまな質問があり、取手市の議会事務局職員をはじめ、同席している赤羽議員、結城議員で回答するという、まさに全員参加の研修となりました。

同席する赤羽議員、結城議員が質疑に答えている

議場で採決表示システムを体験

議席のボタンで採決の意思表示と、人数がその場で表示されるシステムを、実際の議席で体験していただきました。

採決表示システムを体験する栃木県市貝町議会議員の皆さん

最後に議場で記念撮影

最後に、議場にて記念写真を撮り、視察を終了しました。

栃木県市貝町議員と佐藤議長と赤羽議員と結城議員を含めた集合写真
市貝(いちかい)町議会の皆さんお疲れさまでした。お互いよりよい議会に向けて頑張っていきましょう!

鹿児島県鹿児島市議会の視察

歓迎のあいさつ

最初に、取手市の紹介を兼ねた歓迎のあいさつを佐藤清議長から行いました。

開会のあいさつをする佐藤議長

続いて、鹿児島県鹿児島市議会から会派「社民・市民フォーラム」の大森議員から今回の視察の目的など、ごあいさつをいただきました。

研修内容

今回の視察の目的は「高齢者見守りキーホルダー・ステッカーの配布に関する施策について」ということで、高齢者の見守りについて等を取手市担当課の高齢福祉課の職員が説明しました。
説明に基づく質疑が熱心に行われました。

取手市高齢福祉課の職員が鹿児島県鹿児島市議会議員に説明している

最後に議会棟前で記念撮影

研修終了後、最後に議会棟前で記念写真を撮り、視察を終了しました。

議会棟を背景にした鹿児島県鹿児島市議会議員の皆さんの集合写真

鹿児島市議会議員の皆さんお疲れさまでした。お互いよりよいまちづくりに向けて頑張っていきましょう!

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱