現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 行政視察の受け入れ > 徳島県鳴門市議会の皆さんが視察来庁

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月17日

徳島県鳴門市議会の皆さんが視察来庁

平成29年1月30日、徳島県鳴門市議会から会派「創心クラブ」の野田粋之(のだきよゆき)議員をはじめ、超党派の7人の議員が取手市議会を視察されました。また、取手市からは染谷(そめや)副議長が出席しました。

議会報告会や議会の災害対応の取り組みについて視察されました。

野田議員、取手市議会副議長のあいさつ

最初に染谷(そめや)副議長から、取手市議会がこれまで歩んできた議会改革の経緯や概要などについて触れながら、歓迎のあいさつを述べました。

歓迎のあいさつをする染谷副議長

続いて、鳴門市議会の野田議員が取手二高の甲子園優勝など取手市に対する印象や、鳴門市の紹介を交えながら、今回の視察の目的を述べられました。

鳴門市議の野田議員

各議員の自己紹介では、今回参加された橋本国勝市議が、過去に約1年間、取手市に住まわれていたことがあるそうで、親近感が湧き和やかな雰囲気での研修開始となりました。

鳴門市議の橋本議員

議会報告会や災害対応規程のこれまでの経緯等を説明・質疑

鳴門市議の皆さんに取手市議会がこれまで行ってきた議会報告会の経緯や、昨年行った災害対応規程に基づく招集訓練・災害図上訓練などを実施した議員研修会などの説明をした後、質疑を受ける形で視察をしていただきました。

質疑では、議会報告会が市民に受け入れられてもらうために、開催場所や周知の方法、報告会の次第など、詳細にわたって熱心に質疑されていました。また、意見交換会で出された意見をもとに決議案を可決した経緯などを説明すると、「へえー、なるほど」と、とても納得されていました。
次第に質疑が盛り上がり、お互いの議会の一般質問の方法など、視察項目に含まれてはいなかった内容についても活発に論議されました。

質問をする鳴門市議

議場の見学

会議室での研修の後、議場に移したところ、鳴門市議の皆さんに議場のつくりをとても気に入っていただけたのか、議長席や市長席などに座って記念撮影をされる議員がいらっしゃいました。

また、採決表示システムを体験していただき、こちらも好評で「うちの議会でもこれを導入しよう!」という声が上がっていました。
議長席に座り記念撮影をする大石議員(鳴門市議)

採決表示システムを体験する鳴門市議

記念撮影で視察研修終了

議場での鳴門市議の集合写真

最後に、議場内で記念撮影を行い、研修は終了しました。

鳴門市議の皆さんお疲れさまでした。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。