現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 行政視察の受け入れ > これまでの視察受け入れ状況 > 山口県下関市議会の皆さんが視察来庁

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年6月27日

山口県下関市議会の皆さんが視察来庁

平成29年10月30日(月曜日)、市役所議会棟にて、山口県下関(しものせき)市議会の議会運営委員の皆さんが、取手市議会を視察されました。
委員長の藤村議員をはじめ、委員9人、事務局職員2人の計11人の皆さんが、議会改革の全般について視察されました。
取手市議会からは佐藤議長、議会運営委員として赤羽(あかば)議員が出席しました。

山口県下関市の視察

歓迎のあいさつ

最初に、佐藤議長が取手市の紹介を兼ねた歓迎のあいさつを行いました。
視察について歓迎のあいさつを行う佐藤議長

続いて、下関市の藤村議会運営委員長から、下関市の概要説明や、本日の視察の意気込みをごあいさついただきました。
さらには、「市民と議会のつどい」という市政の情報発信や議会活動報告を行って、市民に開かれた議会を目指していることなど、議会改革に対する熱い思いをご紹介いただきました。
山口県下関市議会の藤村議会運営委員長のあいさつ

研修内容

今回の視察内容は、議会報告会の運営、「チーム議会」としての取り組み、市議会災害対応規程、タブレット端末の議場への持ち込み、視察報告書の公開など、これまでの取手市議会の数多くの取り組みについてです。
議会事務局職員が下関市議会専用パワーポイントを作成し、これまでの議会改革の内容を一括して説明。
下関市議会の皆さんは真剣な表情で説明を聞いていました。

取手市議会事務局職員の説明を熱心に聞く下関市議会議会運営委員会の皆さん

その後、委員の皆さんとの質疑応答が行われ、議会改革について各議員の説明に苦労したことはないか、請願・陳情はどのように取り扱っているか、議会報告会の運営については、テーマは決めているのか、など熱心な質疑が繰り広げられました。

熱心に質疑をする下関市議会の吉田議員

熱心な質疑を行う江村(えむら)議員

「ワールドカフェ方式」による対話を体験

下関市議会の皆さんの質問事項にありました「ワールドカフェ方式の具体的な実施方法」を、実際に皆さんに体験していただきました。
ワールドカフェ方式による対話を体験する下関市議会の皆さん

ワールドカフェ方式による対話を体験し、体験後はさらに熱心な質疑が繰り広げられ、予定していた時間を大幅に超える3時間の研修に。
取手市議会事務局職員の笑いを交えた応答に、下関市議会の皆さんからは大きな拍手と、温かい笑顔が見られました。

熱心な質疑を行う下関市議会の皆さん

今回の視察に対するお礼のあいさつは、江村(えむら)議会運営副委員長からいただきました。

閉会のあいさつをする下関市の江村(えむら)議会運営副委員長

議場を見学

議場を見学していただき、平成29年の6月から導入したスクリーンの映像などをごらんいただきました。

議場を見学される下関市議会の皆さん

 

議場で記念撮影

研修を終え、最後に議場で下関市議会の皆さんの記念写真を撮影し、視察を終了しました。

議場で記念撮影を行う下関市議会の皆さん

下関市議会の皆さん、お疲れさまでした。お互いよりよい議会改革に向けて頑張っていきましょう!

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱