ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月20日

山形県鶴岡市・上山市を視察!福祉厚生常任委員

去る平成27年7月6日(月曜日)から7日(火曜日)までの二日間、福祉厚生常任委員会は、山形県鶴岡市と上山(かみのやま)市への視察を実施しました。取手市議会では、宿泊を伴う視察には事務局職員の随行を行っておりません。参加委員から届いた概要をお知らせいたします。

鶴岡市並びに上山(かみのやま)市の皆様、ていねいな視察対応ありがとうございました。

6日 地域医療機関が連携した先進都市 鶴岡市

最も大事なことは「人と人のつながり」

  • 鶴岡市では、重度な要介護状態にあっても住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な資源・サービス提供体制の構築、医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムを推進している。
  • 医師会を軸にしたチームによるICTを活用した医療と介護の連携の推進に力を入れている。
  • 在宅医療における「Net4U」や「Note4U」の活用について説明を受け、庄内(しょうない)地域全体で、一貫した医療・介護を提供し一体的に連携を図っていることを肌で感じた。
    「Net4U」とは、the New e-teamwork by 4Unitsの略から来た愛称。「4Units」とは「病院・診療所・看護介護・検査センター」のこと。地域内の病院、診療所、訪問看護ステーション、調剤薬局、介護事業所等が患者の情報を共有することができる地域包括ケアに対応したヘルスケア・ソーシャル・ネットワーク・システム。施設や職種を問わず、患者にかかわる全ての医療者・介護者がフラットに情報を共有し、コミュニケーションを可能にすることで、顔の見える地域包括ケアをサポートしている。
    「Note4U」とは、家族やヘルパーが登録する見守り情報により、Net4Uを利用する主治医やケアマネジャーが、日々の在宅での状態を把握できるようになる。WEB型連絡ノートとしても利用できるほか、Net4Uで登録された処方箋(しょほうせん)や検査結果の閲覧も可能となる。
  • 医療、介護の連携推進にあたっては何かしらの情報共有ツールは必要不可欠。あくまでもツールの1つだと考える。それを動かすのは、人と人とのつながりが大事。それらも一緒に構築し、信頼関係の醸成につなげていくべきとの説明を受ける。
  • 取手市でも医師会を中心とした取り組みは始まっているが、地域包括システムの取り組みはこれからになっている。これらを参考に、今後反映していきたい。

山形県鶴岡市役所ホームページが新しいウインドウで開きます(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

視察の様子

説明を聞く委員

映像を用いて説明を受ける委員

鶴岡地区医師会館前で参加委員全員で集合写真

7日 ポイント付与で健康意識向上 上山(かみのやま)市

ポイントカードは抽選券に!

  • 市民の健康意識向上と行動変容を図ることを目的に、かつ楽しく健康づくりができる仕組みとして「かみのやま健康マイレージ」事業を実施。
  • 特定健診や各種がん検診の受診、クアオルトウォーキングや食事、運動、健康講座など、健康づくりを実行した場合にポイントを付与。30ポイントを達成し、ポイントカードを健康推進課に提出すると、そのポイントカードは3月に行う予定の健康講演会で健康グッズ等が当たる公開抽選会時の抽選ができる。市外のかたも受けることが可能。
    「クアオルト」とはドイツ語で「療養地・健康保養地」を指す言葉。ドイツでは温泉や海、泥、気候、クナイプ式という水治療などで疾病を治療、緩和、そして予防する自然療法が医療保険の対象となっている。その治療する地域として整備された長期滞在型の療養地・健康保養地が「クアオルト」と呼ばれ親しまれている。厳しい審査基準のもと国が健康保養地として認定しており、2007年にはドイツ国内に370カ所を上回るクアオルトがある。
  • ポイントカード提出者には「元気応援カード」を発行される。そのカードを市内の健康づくり協力店で提示すると、そのお店独自のサービスを受けることができる。協力加盟店は12店舗。山形県もこの事業にならい平成27年8月からスタート予定。35市町村のうち20市町村が事業を実施。また、山形県に登録している協力加盟店に登録されているところでサービスを受けることができる。
  • 取手市でも市民の健康増進のために「スマート ウェルネスとりでの推進」として、様々な健康づくり施策を進めている。市民の健康増進意識をどのように高められるかが課題。

山形県上山(かみのやま)市役所ホームページが新しいウインドウで開きます(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

視察の様子

上山市役所での視察の様子

説明を聞く委員

上山市役所前にて参加委員で集合写真

福祉厚生常任委員8人が出席

視察出席委員

  • 委員長
    石井(いしい)めぐみ
  • 副委員長
    渡部(わたなべ)日出雄(ひでお)
  • 委員
    岩澤(いわさわ)信(しん)・飯島(いいじま)悠介(ゆうすけ)・川又(かわまた)貞夫(さだお)・佐藤(さとう)隆治(りゅうじ)・阿部(あべ)洋子(ようこ)・加増(かぞう)充子(みつこ)

視察欠席委員

鈴木(すずき)潔(きよし)

福祉厚生常任委員長からの報告

今回の視察研修については後日、参加委員全員からの参加報告書提出後、石井(いしい)福祉厚生常任委員長からの報告書を市ホームページに掲載いたします。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。