現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 小中学校におけるICT教育のデモンストレーションに参加しました

印刷する

更新日:2021年10月27日

ここから本文です。

小中学校におけるICT教育のデモンストレーションに参加しました

令和2年10月26日に、小中学校におけるICT教育のデモンストレーションが取手第二中学校コンピューター室で開催され、議員がその説明を受けました。

取手市は、「GIGAスクール環境整備事業」として、市立小中学校におけるICT(情報通信技術)を活用した教育の充実に向けて教員への研修を計画的に進めており、現時点で想定しているICTを活用した授業を議員が体験しました。

学習支援ソフトウェア「SKYMENU」による授業体験

教員が自作した課題をデータとして配布し、課題が終わったら簡単に提出できるため、短期間で効率的に学習でき、色鮮やかに表示できるため、視覚効果も期待されるものでした。

議員が教室形式に並べられた机に座って前を向き、担当者から説明を受けている。議員の前には1人1台パソコンが用意されている。

デジタル教材「eライブラリアドバンス」の利用体験

議員は、実際に4年生の算数の授業を体験し、その内容を確認しました。

タッチパネルに触れながら操作を行っている短髪の女性議員

授業動画「いばらきオンラインスタディ」の視聴

議員は、YouTubeにアップロードされているオンライン授業を視聴し、その内容を確認しました。

机が5列あり、2人で1つの長机に座っている男性議員10人の写真。1人1台置かれたパソコンの前に座り動画を視聴している。

質疑応答及び挨拶

議員からは、ポケットwifiの予定台数やウェブ会議システムは何を使うかなど、これから市立小中学校に導入されることを見据えた詳細な質疑が行われ、最後に齋藤議長が挨拶を行いました。

短髪の女性議長が、教室形式で着座している議員の前に移動し、起立して挨拶をしている。

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

広告エリア

広告募集要綱