現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 初の完全オンライン意見交換会を実施(総務文教常任委員会)

印刷する

更新日:2020年12月11日

ここから本文です。

初の完全オンライン意見交換会を実施(総務文教常任委員会)

令和2年11月14日(土曜日)午前10時から、総務文教常任委員会は、取手市立小中学校のPTA会長・副会長の皆様との意見交換会をオンラインで実施しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、参加者はオンライン会議システムを使用して、全員がオンラインで参加しました。司会進行を円滑に行うため、小堤(こづつみ)総務文教常任委員長は会議室からオンラインで参加しました。

意見交換会をオンラインで実施するのは、初めての試みで、「コロナ禍における学校教育について」をテーマとして行い、PTAとして参加されたかたは、17名でした。

委員長のあいさつと参加者の自己紹介

小堤総務文教常任委員長が、参加者への感謝の意を述べるとともに、新型コロナウイルス感染症が拡大し、学校の休業・再開、行事の延期・中止など様々なことがあった中で、学校、家庭、地域などの様々な分野からの意見を交換したい旨を述べた後、参加者が自己紹介をしました。

委員長がパソコン前に座り、会議にオンラインで参加している様子

意見交換開始

グループに分かれての意見交換

オンライン会議システムのグループセッション機能を使用して、4グループに分かれて意見交換を行いました。各グループ、5名から7名で、司会進行担当・発表担当・記録担当で役割分担をした上で、これまでのコロナ禍での学校や家庭での状況や、そこで感じたこと等について、活発な意見交換が交わされました。

各グループで出た意見の発表

グループセッションが終了した後は、各グループの発表担当がグループ内で出た意見を発表し、全体でその内容について、意見共有しました。

オンライン会議の画面。参加者のカメラ画像が並んでいる。

須田副委員長のあいさつ

貴重なご意見を頂いたことへの感謝の意を述べるとともに、意見をしっかりと生かすようにしっかり協議して提言していきたいと述べました。

参加委員・参加議員

  • 総務文教常任委員長 小堤修
  • 総務文教常任副委員長 須田光雄
  • 総務文教常任委員 根岸裕美子・染谷和博・吉田宏・結城繁・赤羽(あかば)直一
  • PTAとして参加した議員 岩澤信・落合信太郎

意見交換会終了後の参加者の感想

意見交換会の終了後、参加者にアンケートに回答していただきました。

参加者からは主に次のような感想が寄せられました。

  • コミュニケーションを取る活動として大変よかった。
  • もっと早い段階(緊急事態宣言中、学校再開直後、夏休み中など)で意見交換会を行ってほしい。
  • 他校のことや知らなかった情報など、とても貴重な内容でした。
  • 皆さんの考えや思いを聞けて、とても有意義な時間でした。
  • 初めてのオンライン会議ということで、うまく協議できるか不安でしたが、とてもスムーズに進行がされ、有意義な時間を過ごすことができました。
  • 少し不便さがあったが、今後もやってほしい。

意見交換会に参加していただいた皆様、お忙しい中、当委員会の調査にご協力いただきまして、ありがとうございました。

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

広告エリア

広告募集要綱