印刷する

更新日:2022年1月25日

ここから本文です。

【市長コラム】下高井近隣公園の整備状況

市報「広報とりで」2012年7月15日号に掲載した市長コラムです。

ゆめみ野駅が開業し、ゆめみ野が町開きしてから1年が経過しました。現在分譲された住宅戸数は50軒を超え、駅前には整形外科や歯科医院が開設され、今後、急ピッチで住宅が立ち並んでくるものと予想されます。

このゆめみ野の北西部(高井小学校の道路を隔てた反対側)に、4.6ヘクタールの都市公園が整備されます。ここは雑木の茂る既存林を残して高井の森の面影を保ちつつ、起伏のある地形を生かして、台地部分から景色の変化や風を楽しみながらループ状に低地に下りられる園路が配されているなど、河川敷内の公園とは趣を全く異にする本格的な公園として開園が待たれるところです。

ゆめみ野地区内をループ状に回る1周約2.5キロメートルの骨格道路からは公園内の幾つかの小道に接続しています。また、公園の北東部には、疲労した身体を癒やすスペースとしてベンチも設置されていますので、利用者の年齢・体力に合わせて「健康づくりのための公園」としての活用が期待されます。さらに、市民の方々が愛着を持てる公園となるように、基本的な植栽は造園の専門家にお願いしますが、除草等の維持管理の一部については、緑化美化活動に従事されてきたNPO等に担っていただくことを考えています。また、この地域本来の山野草の景観を復元して、四季折々に親子で観察してもらえるネーチャーゾーンも作り上げていく考えです。

公園の北西部の道路は、現在でも、朝夕のジョギングやサイクリング、犬の散歩等に広く利用されているとともに、小貝川(こかいがわ)サイクリングコースやヘルスロードを結ぶ重要な役割を担っていますが、公園との一体利用で一層愛好者が増えることでしょう。

さて、6月にこの公園の北東部の一角に、「くじばさま」が移設されました。くじの神様として、大変な御利益があるとのことで信仰されてきたようです。造立年代は不明のようですが、歴史的な宝物ですので、開発に当たって所有者から寄贈を受けて石像に解説のプレートを付けて移設したものです。

これからの取手が大きく発展するよう、私も散歩の都度祈願しております。

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱