現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > ようこそ市長室へ > 市長コラム(バックナンバー) > 2015年の市長コラム > 【市長コラム】3月発行の二つの刊行物について

印刷する

更新日:2022年2月2日

ここから本文です。

【市長コラム】3月発行の二つの刊行物について

市報「広報とりで」2015年3月15日号に掲載した市長コラムです。

3月中旬に市政策情報紙「蘖(ひこばえ)」22号とスマートウェルネスとりで情報紙の「スマイルウェルネス」の二つの冊子をお手元にお届けします。

蘖については、すっかり定着してご愛読いただいているところですが、今回は、道路事業について取り上げました。実は、私自身、道路事業については「工事が何カ年かかるのか」、「完成後の姿はどのようなイメージなのか」、市民の皆さんも、道路利用者も分からないままに、予算が付けば付いた分だけの区間について工事が進むようだ、という状況で良いのだろうか、との思いを抱いておりました。取手市が実施主体となる道路については、市民の皆さんからの整備要望があったり、予算付けについて身近な市議会で審議をいただく中で市民の皆さんにご理解を得やすいのですが、県事業ともなると道路用地を提供していただく予定の関係権利者以外の方(かた)には、全体計画や進捗状況が分かりにくいのが実情です。そこで、茨城県土木部竜ケ崎工事事務所に折衝して、市役所下の国道294号の白山8丁目交差点の完成図と完成時期を表示した大きな看板を県に設置をしてもらいました。と同時に、県事業、市の事業も合わせて改良工事中の重要路線についてその工事の進捗状況と今後の見通し、完成後のイメージをお伝えする特別号として編集することにして、竜ケ崎工事事務所のご協力をいただき発行するものです。長い期間を要する道路事業ですが、着々と進んでいることをご理解願いたいと存じます。

次に、スマイルウェルネスと題した新しい冊子では、取手市が進めているスマートウェルネス(「健幸(けんこう)」=健康で幸せ…身体面の健康だけでなく、人々が生きがいを感じ、安心安全で豊かな生活を送れること)の町づくりのために、平成26年に実施された盛りだくさんの事業を写真等で分かりやすくご紹介しています。昨年、10月から開始した筑波大学の研究成果を基にした健康運動教室の参加者の取り組み内容をご紹介している他、取手駅西口で整備が進められている取手ウェルネスプラザの施設の概要と、施設内で行われる市民交流事業、健康づくり事業、子育て支援事業の中身を紹介しております。

いずれの冊子も、道路や施設の完成前の段階で、適正で分かりやすいパース絵等を用いて、市民の皆さんに正確な中身が伝えられるよう作成しました。最後の行まで完読していただければありがたいと思っております。

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱