印刷する

更新日:2022年3月31日

ここから本文です。

【市長コラム】取手市長賞作品について

市報「広報とりで」2015年4月15日号に掲載した市長コラムです。

平成3年10月に東京芸術大学取手キャンパスが開校して以降、取手市では東京芸術大学との間でさまざまな文化交流をしてきました。中でも、長年継続している事業に「取手市長賞」という事業があります。この「取手市長賞」は、その年の東京芸術大学卒業・修了作品展において特に優秀と認める作品および作者に、市長がその栄誉をたたえ賞状ならびに賞賜金(しょうしきん)を与えるものです。受賞された作品については、市に寄贈をいただき、市民の財産として市内の公共施設や公共スペースに展示しております。

本年も、3月25日の東京芸術大学の卒業式の日に授賞式があり、石彫の作品(アオバネワライカワセミ:本来はアルファベット表記)の作者國川裕美(くにかわ ひろみ)さんと、漆芸(しつげい)の作品(こえて)の作者久保万理子さんに、宮田学長さんをはじめ東京芸術大学の関係教授を前にして、第23回となる取手市長賞を贈呈させていただきました。同賞に選定される作品は教授陣からの推薦を受けた複数の優れた候補から選定するわけですが、私はいつも、市民が懐かしさとか愛着を持って、いつまでも鑑賞していただけるか、作者の気持ちが何となくでも伝わってくるだろうかという視点で、時間をかけて選定させていただいております。一方で、買い上げた作品は市民の皆さんの目に触れるところに展示をしたいと考えておりますが、公共施設での展示スペースの確保には限りがあります。そこで、平成23年度からは選定作品を工芸および彫刻から2点として(22年度までは日本画1点、工芸か彫刻を1点)選定した作品が即座に展示できるようにいたしました。

取手市長賞受賞作品は累計で46作品となりますが、「取手アートマップ」を手元に置いて、健康づくりを兼ねて実際に歩いて鑑賞することができます。このアートマップには、取手市長賞受賞作品の他、取手市のコレクションが紹介されています。個人の体力に合わせて作品の散策コースを3コース紹介しております。春の日差しを浴びながらのアート散策はいかがでしょうか。

また、実際に歩かなくても、ネット上で作品巡りができるよう、取手市では市のホームページの本格的なリニューアルに合わせて、ホームページ上で市内各所のアート作品が鑑賞できるよう準備作業を進めています。

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱