現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > ようこそ市長室へ > 市長コラム(バックナンバー) > 2019年の市長コラム > 【市長コラム】子供は私たちの宝 みんなで未来を応援します

印刷する

更新日:2021年8月30日

ここから本文です。

【市長コラム】子供は私たちの宝 みんなで未来を応援します

市報「広報とりで」2019年11月15日号に掲載した市長コラムです。

街中で赤ちゃんを胸に抱き、片手で幼子の手を引いているお母さんには、「子育てがんばれ!」と心からエールを送っています。私事で恐縮ですが、娘が7カ月から1歳2カ月までの間、私の家族は米国インディアナ州で過ごしました。日本人も少なく不慣れな環境でしたので妻は心細かったろうと思います。娘の熱が下がらないときなど、医学用語辞典を片手に症状や経過をお医者様に必死で訴えたこともありました。

さて、10月から幼児教育・保育の無償化が開始されました。国を挙げての子育て支援ですが、市としてもきめ細かにお父さんお母さん方をサポートしています。赤ちゃんを身ごもった時から出産、そして乳児期、幼児期、就学時まで、80を超える事業をもって切れ目のない子育て支援に努めているところです。

全てご紹介したいところですが、ここではホットな情報として、井野なないろ保育所をご案内します。吉田保育所と舟山保育所を統合した、市内初の200人規模の公立保育所です。東部子育て支援センターを併設し、すでに工事も竣工しました。今は、公立で県内初となるICTを活用した保育システムの準備中です。来年度前半には市内全ての公立保育所に導入します。

一方、全国的な課題である待機児童については、民間保育施設などの整備を積極的に進め、特色ある運営や保育需要の受け入れに努めています。

最後になりますが、過日実施したアンケート調査によると、皆様のご要望にお応えするサービスがあるにもかかわらず、その情報が十分に伝わっていないことが分かりました。情報発信ツールを欄外に掲載いたしますので、ぜひご覧いただき積極的にサービスをご活用いただければありがたいです。

私はこれからも、行政としてできることを真剣に考え実行してまいります。その上で、お父さんお母さんの頑張りにも大いに期待しています。また、地域に住まう方々が、身近な子供たちとそのご両親を温かく見守ってくださることを切にお願いするものです。子供は私たちの宝です。

(コラム内でご紹介した「情報発信ツール」については、次の関連リンクをご参照ください。)

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱