印刷する

更新日:2021年12月28日

ここから本文です。

【市長コラム】おくやみデスクを開設します

市報「広報とりで」2020年6月15日号に掲載した市長コラムです。

身内の方(かた)が亡くなられた方々のご負担を少しでも減らすため、取手市では7月1日から本庁舎1階に「おくやみデスク」を開設いたします。

大切な方(かた)がお亡くなりになったとき、ご遺族は深い悲しみが癒える間もなく、死亡届の提出から始まり、健康保険や年金、税などについての必要な手続きを行わなくてはなりません。これらの手続きは、生涯のうちに何度も発生するものではないため、不慣れな手続きでもあります。

そこで、ご遺族の方(かた)のご負担を最小化するために、市役所本庁舎1階にそれらの手続きを1カ所で済ませられるワンストップの窓口「おくやみデスク」を開設するものです。これまでは、死亡届が提出されると、ご遺族宛てに一般的に必要となる手続きの種類とご用意いただくものを記載した一覧をお渡しして、ご遺族は、それを基に市役所の中の5・6カ所の担当課を回り、それぞれの手続きをしていただいておりました。

新しい方式では、死亡届の受理後、1週間後をめどにご遺族にとって必要な手続きを各課で調べた上で、市役所から案内をお送りします。ご遺族は予約を取って「おくやみデスク」を訪れていただければ、必要な手続きを1カ所で一度に済ませることができます。所要時間は1時間から2時間を目標としております。

今回のサービスは、本年4月20日付けで受け付けた市長への手紙での要望に対応するものです。要望された市民の方(かた)からの手紙には、「自治体の『おくやみ窓口』改善」と題する毎日新聞記者の目の記事(毎日新聞4月8日付け)が添付されていました。

記者の主張の中には「死後の手続きでの市民の不満は大きく二つあり、(1)同じことを何度も書かされる、(2)窓口をたらい回しにされる。…解決するにはまず、専門の窓口をつくり、そこで必要事項を聞き取る。それを係がパソコンに入力し、情報を関係各課で共有する。あとはその故人に関係する課に即時伝達する仕組みがあれば」とあり、そのとおりの仕組みを開設いたしました。

ご遺族の方々のご負担を、少しでも軽くできればと考えております。お役に立てれば幸いです。

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱