現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手市の紹介 > 友好都市・姉妹都市 > 市内の県立高等学校・私立中学校から写真による交流事業作品が提出されました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年9月27日

市内の県立高等学校・私立中学校から写真による交流事業作品が提出されました

市は平成27年度から、姉妹都市米国ユーバ市及び特別友好都市中国桂林市の学生と市内市立中学1年生との作品による交流を行っています。

姉妹都市・特別友好都市の学生との写真による交流事業作品を展示しました

市内中学校でユーバ市・桂林市学生との写真交流作品の展示をしました

藤代庁舎でユーバ市・桂林市の学生との写真による交流事業作品を展示しました

今年で5回目となる本事業において、このたび市内の県立高等学校5校(取手第一高等学校、取手第二高等学校、取手松陽高等学校、藤代高等学校、藤代紫水高等学校)と市内の私立中学校2校(聖徳大学附属取手聖徳女子中学校、江戸川学園取手中学校)の学生が事業に参加し、各学校から計49作品の提出がありました。

作品は自分のまちの写真とそれに込めた思いをメッセージとして記入したものです。写真のテーマを「自分のまちの好きな風景」もしくは「わたしの学校紹介」として作品を募集しました。

提出作品については、ユーバ市・桂林市及び市内公立中学校1年生の作品とともに、市内施設で展示をおこなう予定です。展示の日時等の詳細が決まりましたら、市ホームページや広報紙にてお知らせします。

提出作品

市内県立高等学校・市内私立中学校の学生から提出のあった作品を一部紹介します。

市内県立高等学校学生の作品

取手第一高等学校学生の作品。多くの男性が神輿をかついでいる。

取手第二高等学校学生の作品。色とりどりのドレスが教室前に置いてある。

取手松陽高等学校学生の作品。首上のみの白い美術彫刻が並んでいる。

藤代高等学校学生の作品。藤の花が藤棚を覆っている。

藤代紫水高等学校学生の作品。緑色の田んぼが一面に広がっている。

市内私立中学校学生の作品

取手聖徳中学校学生の作品。畳とふすまのある和室がある。

江戸川学園中学校学生の作品。学園祭用に飾られた校内の様子。

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱