現在位置 ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 妊娠・出産・子育て支援 > 取手第二高等学校で「赤ちゃんふれあい体験」を実施しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年7月18日

取手第二高等学校で「赤ちゃんふれあい体験」を実施しました

令和元年6月19日(水曜日)に取手第二高等学校にて、赤ちゃんふれあい体験を実施しました。

市内在住のママと赤ちゃん19組にご協力いただきました。

最初に、茨城県立医療大学助産学専攻科准教授長岡由紀子先生から「赤ちゃん誕生って素晴らしい」をテーマにご講義いただきました。

そのあと、生後4か月から11か月前後の赤ちゃんと高校生が実際に触れ合い、育児中のママから妊娠中のことや出産のこと、育児をしてみて感じていることなど直接お話を聞く機会を持つことができました。

初めは緊張気味だった高校生も、だんだん笑顔になって、ママや赤ちゃんと楽しく交流する姿がみられました。

ふれあい体験の様子

赤ちゃんふれあい体験全体の様子。約3組の親子と約5人の高校生毎に一つの輪になって座っています。

 

高校生に抱っこされる赤ちゃん

赤ちゃんを抱っこする高校生

赤ちゃんとふれあって感じたこと

実際に赤ちゃんとふれあってみて、高校生から様々な感想を聞くことができました。

  • 赤ちゃんは思ったよりも重くて、お母さんはすごいなって思った。
  • 子どもが好き、可愛いだけでなく、子育ての大変さや、産むうえで気をつけないといけないことなど改めて感じられました。
  • 可愛かったです!お母さんが優しかった。
  • 初めて会った私たちにニコニコしてくれてうれしかった。ありがとう。

 

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱