現在位置 ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 放射線・放射能 > 除染対応状況 > これまでの放射線に対する市の取り組み(概要)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年5月17日

これまでの放射線に対する市の取り組み(概要)

市の放射能対策についての取り組み状況は下記のとおりです。

平成22年度

  • 3月11日 東日本大震災の発生に伴い「取手市災害対策本部」を設置する(本部長に藤井市長、委員に全部長)。

平成23年度

  • 5月13日 小中学校、幼稚園・保育所・保育園、その他公共施設の放射線量測定を開始する。
  • 6月22日 災害対策本部内に「放射線部会」を設置する(部会長に副市長、委員に部長7名)。
  • 7月24日 白山西小学校でPTAによる初めての除染作業が実施される。
  • 9月1日 学校給食の食材サンプル調査を開始する。
  • 10月1日 「放射線部会」を廃止し、「取手市放射能対策委員会」を設置する(委員長に副市長、委員に部長・次長8名、部会に次長・課長10名)。まちづくり振興部環境対策課内に放射能対策係を新設する。
  • 12月5日 ききょう公園、羽中公園、ほんごう公園、しいの木公園、台宿二丁目中公園で除染検証作業を開始する。食材の個人持込み検査の受付を開始する。
  • 12月10日 市政協力員を招集し、放射線測定器貸出説明会を開催する。各地域に1台の簡易放射線測定器を貸出し、地域の放射線量測定に着手する。
  • 12月28日 環境大臣から汚染状況重点調査地域の指定を受ける。
  • 2月6日 市役所で個人・団体向けに簡易放射線測定器の貸し出しを開始する。

平成24年度

  • 4月1日 まちづくり振興部内に放射能対策課を新設する。文部科学省が市役所敷地内に設置したモニタリングポストの運用を開始する。
  • 4月25日 取手市除染実施計画〈第1版〉が国の承認を受ける。
  • 8月2日 小中学校の除染作業に着手する。
  • 10月16日 幼稚園・保育所・保育園等の除染作業に着手する。
  • 10月30日 取手市放射能対策パンフレットを市内全戸に配布する。
  • 12月26日 公園の除染作業に着手する。
  • 2月12日 白山地区中原町の一部で住宅地の試験的な放射線量測定及び除染作業に着手する。
  • 3月8日 その他公共施設の除染作業に着手する。
  • 3月末 全ての小中学校の除染作業が完了する。

平成25年度

  • 4月3日 取手市除染実施計画を改訂する(第2版)。
  • 8月9日 除染作業が完了した施設の事後モニタリング測定を開始する。
  • 8月27日 住宅地除染事業に着手する。
  • 11月6日 除染対象区域を6つに分け、市政協力員や自治会長などを招き住宅地除染工区説明会を開始する。
  • 11月16日 工区内を行政区ごとに分け、自治会役員などを招き住宅地除染地域説明会を開始する。
  • 11月29日 全ての幼稚園・保育所・保育園等の除染作業が完了する。
  • 12月6日 住宅地の線量測定に着手する。
  • 1月15日 全ての公園の除染作業が完了する。
  • 1月31日 全てのその他公共施設の除染作業が完了する。
  • 2月19日 常総広域圏4市(取手市・常総市・守谷市・つくばみらい市)合同で、福島第一原発事故子ども被災者支援法に定める地域指定の要望書を茨城県知事に提出する。
  • 3月6日 住宅地の除染作業に着手する。
  • 3月25日 取手市除染実施計画を改訂する(第3版)。

平成26年度

  • 9月30日 住宅地の除染事業が完了する。

平成27年度

  • 4月1日 放射能対策課を廃止し、環境対策課内に放射能対策係を設置する。
  • 8月7日 復興庁の「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針の改定(案)」のパブリックコメントに意見書を提出する。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。