ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年9月14日

ごみの減量にご協力ください

この紙コップと割り箸の重さが8グラムあります。この8グラムを市民一人ひとりが、ごみとして排出することなく、毎日減量し続けると1年間でどれ位のごみが削減できるでしょうか?

紙コップと割り箸の重さを量っている写真。目盛りは8グラムを示している。

答えは、8グラム×108,278人(平成29年3月末現在)×365日=316,171,760グラムとなります。
つまり、年間約316トン削減できることとなります。平成28年度家庭から出された可燃ごみの量と比較しますと18,322トンですから、約1.7パーセント以上の減にあたります。

一人ひとりの心がけが大きな成果となります

ところで、取手市内のごみを処理するために常総環境センターへ支払う負担金は、平成29年度予算額で5億9,700万円となっております。ごみの排出量が負担金に反映されますことから、ごみの排出量を削減することで、市民の皆様からお預かりした税金をより有効に使えることにも繋がりますので、ごみの減量にご協力をお願いします。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

リサイクル推進係

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱