現在位置 ホーム > くらしの情報 > 環境・衛生 > ペット > 老犬&老猫の介護講座を開催しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月20日

老犬&老猫の介護講座を開催しました

平成29年10月29日日曜日に福祉交流センターにおいて「老犬&老猫の介護講座」をNPO法人ポチたま会との共催で開催しました。

当日は台風接近の予報があり、来場者の安全と参加人数に不安がありましたが、雨天にも拘わらず90名を超える方々に参加していただきました。

会場の様子

「ペットとの別れを後悔しないために」

  • 講師 株式会社ペットの郷 代表取締役 友野 香奈子氏

友野氏

「ペットの高齢化と対処方法」

  • 講師 老犬・老猫ホームひまわり マネージャー 松下 晴子氏

松下氏

参加者の感想

  • たいへん勉強になりました。ありがとうございます。おむつをする様になった時の汚れた所の衛生管理の仕方が知りたい。
  • 今日はとても参考になりました。知っていると介護への心配も少しはかるくなりました。
  • 取手市も動物をたいせつにするという考えになりうれしく思います。
  • 猫の話をもっと聞きたかった。
  • ひまわりの松下マネージャーの講話が大変参考になりました。特に病気への対応、その中でも認知症の対応は大変参考になりました。
  • 認知症の進み具合、症例は大変分かりやすかったです。床ずれ予防の為の手作り品は大変参考になりました。体の置き方をぬいぐるみ等で具体的に見せて頂けるともっと助かったと思います。次回よろしくお願い致します。
  • 猫関連の講座をお願いします。地域猫活動をしたいと思っているので講座を是非。市内に野良猫が多くエサやり禁止の看板も立てられていますが猫が好きな人、苦手な人平和的な解決策を探したいです。エサをやることが悪いのではなく、増やすのがいけないのだ、との認識が双方あれば住みやすい場所になるのでは。動物愛護を自治体から町内へ拡げて頂きたい。
  • わからない事がきけてよかったです。
  • 老犬老猫介護講座でしたので楽しみに来ましたが、猫の事がでませんでしので休憩時間に伺った所、猫は少々難しい様子。犬よりは介護が楽、手が掛かることは少ないと伺って安心しましたが、猫の話もしてほしかった。でも、参考になることが多くありました。受講して楽しい時間でした。
  • 老犬を飼っていて、後ろ足が動かなく車椅子を利用しているのですが、これからどう対処すればいいのかなど細かく説明してくださったので、いろいろ試してあげたいなと思いました。
  • これから介護が始まります。不安もありますが今日のお話を参考にして介護していきたいと思います。
  • 現在猫を5匹飼っていますが、一匹一匹と丁寧に向き合うことが出来ていないので、もっと時間をかけてあげようと思いました。
  • 認知症についてなど猫の場合は亡くなるのかが分からなかった。
  • 犬中心の話が多いので出来れば猫の話が聞きたかった(共通する部分もあるかと思いますが)
  • 定期健康診断を行って病気の早期発見につなげたいと思った。
  • 犬と猫で講座を分けた方がよいのでは。
  • 今3匹目ですが、前の2匹は介護をすることなく15歳で終えました。3匹目は年が明けると13歳になりますが、もし介護になってしまったら参考にしたいと思います。
  • 現在21歳の老猫がいます。行動の際に鳴きながら行動します。獣医に相談しましたが、答えはなく認知症になっているのだと思いますが、そのことが聞きたくて本日参加しましたが、猫の話が出なくて残念でした。
  • とても勉強になりました。友野さんのお話は去年亡くなった愛犬と重なってしまい涙が止まりませんでした。松下さんのお話は分かりやすく初めて犬の介護現場の話を聞けて大変参考になりました。亡くなった犬の他に柴犬を飼っているので認知症を発生するのは和犬が多いとの体験談がショックと共に松下さんの話をもらさず聞いて自分も対応出来るようにせねばと思いました。おむつの事やバンドエイドの事、床ずれ防止のアイテムなど現場の方ならではのアイデアだなと思いました。たまたま、本日がお休みだったのでこのセミナーに参加出来て本当によかったです。
  • 14歳を過ぎた犬と生活しています。そろそろ介護の事を考えなければと思っていたところでしたので今回の話は大変参考になりました。ありがとうございました。開催関係者に御礼申し上げます。
  • 松下先生の対処方法とても参考になりました。これからの生活の中で活用していきたいと思います。
  • 12歳になる飼い犬の介護準備の為に勉強させて頂きました。現場の生の声を聴ける機会を設けて頂き本当にありがたいです。ちょっとしたアイデアやグッズを使用することで動物も人間も楽になる。とても素敵な事だと思います。スタッフの方々お休みの日にありがとうございました。
  • 毎年テーマを変えて続けて欲しいです。質疑応答がためになりました。これをもう少し時間をとってもよいのでは。
  • 犬の話が多かったですが、猫に当てはめて聞かせてもらいました。参考にしたいと思います。
  • 講演は犬中心で仕方ないと思いますが、猫のために来ているので少しは猫の話もお願いします。死後の処置の仕方等。
  • 介護グッズの手作り品は実際にそのときが来ていないのでとても参考になった。
  • まったく介護の知識が無かったのでとても参考になりました。いろいろなグッズも活用したいと思います。
  • いつか必ず訪れる介護と死について心構えが出来ました。
  • 老犬になった時の心構えが出来ました。
  • 介護の現状がよく理解出来ました。一人で抱え込まず相談することもたいせつ。
  • ペットを家族として大切に飼っていきます。有意義なお話でした。
  • 寝たきりの世話の話を聞いて大変勉強になりました。
  • 今回の講座の視点は大変内容がすばらしいと思いました。会場には沢山の方が参加されている事から大変関心の高さが伺えました。
  • 老老介護になりました。犬18歳、保護者80歳。現在はとても元気ですが、最終的に3から6ヶ月の介護とし、悔いの無い見送りをしたいと思います。
  • お二人とも具体的な事例を交えた話で分かりやすかった。大変参考になりました。
  • これから介護に入ります。とても為になりました。毎日を有意義に過ごしたいと思います。
  • 老犬の介護方法がわかりこれからの介護の仕方の参考になった。介護シートが展示され参考になりました。
  • 具体的でよかったが、老猫の話も聞きたかった。
  • 資料を頂けないのは残念。問題点に対して解決方法がない。
  • 今後の愛犬にたいしての考え方が変化。
  • 親戚の老犬を預かっています。飼い主が施設に入所したのでこれからの世話が心配でしたが、今日の話を参考にしたいです。
  • 細かいことも含め参考になることが多く学ぶことがたくさんありました。また、身近にある物を利用することで安価にする方法が特に親切であると思いました。
  • ずいぶん時間を過ぎて来場した方もいましたが、どうなんでしょう。周囲にも迷惑ですし入場制限の時刻も必要だと思います。
  • 前の犬の時何の準備も無くペットロスになってしまった。今回数年後を考えた準備が必要と感じ犬を見ていきたいと感じた。
  • 認知症対策、寝たきり対策が非常に参考になりました。参加してよかったです。
  • 介護について初めてのことなので参加しました。お話を聞けてよかったです。心温まって帰ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。