現在位置 ホーム > くらしの情報 > 環境・衛生 > 環境にやさしい生活 > 「いもりの里」10周年記念市民公開講座を開催しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年12月4日

「いもりの里」10周年記念市民公開講座を開催しました

令和元年11月10日(日曜日)、取手ウェルネスプラザ多目的ホールにて、いもりの里発足10周年を記念して、取手市里山・谷津田(やつだ)保全「いもりの里」協議会(以下、協議会)が主催する「いもりの里市民公開講座」が開催されました。

協議会は、市内の耕作放棄地をアカハライモリも棲める自然環境に再生し、農業体験等を通じて市民に自然の大切さを学んでもらう事を目的とした団体で、令和元年10月に発足10周年を迎えました!
協議会の10年間の活動で、荒れていた耕作放棄地は、アカハライモリが棲み続けられる良好な田んぼへと再生されました。また、いもりの里で育ったアカハライモリは3400匹、協議会主催のイベントへの参加者は6000人を超えました!

今回はいもりの里発足10周年を記念して、国内でアカハライモリに関する研究を行っている先生方を招き、最先端の研究内容について講演を行っていただきました。

また、講座の合間には、アカハライモリとのふれあいコーナーも設置され、参加者は普段見ることが出来ないアカハライモリに大興奮でした!アカハライモリの魅力がたくさん詰まった公開講座の様子をお伝えします!
講演会のスライドを写した写真。「アカハライモリが拓く生命の未来」

公開講座の様子

いもりの里協議会の蛯原会長が挨拶を行っている様子
初めに、協議会の蛯原(えびはら)会長から「協議会は今年の10月で発足10周年を迎えることが出来た。発足10年を迎えられたのは、取手市・筑波大学・地域の協力のおかげで、とても感謝している。今後もアカハライモリが住むこの貴重な自然を維持できるよう、協議会として尽力していきたい」とあいさつがありました。

取手市の藤井市長が演台の前で挨拶を行っている様子
藤井市長からは「近年自然が失われている中で、いもりの里の自然はとても貴重。また、どろんこ運動会など、自然の中での活動は、子どもたちに元気や活力を与えてくれる。いもりの里の貴重な自然をこれからも大切に保全していきたい」とあいさつがありました。

いもりの里協議会メンバーの筑波大学の丸尾先生が「いもりの里の歩み」を説明したスクリーンの前で講演を行っている様子
今回の公開講座では、協議会のメンバーである筑波大学の千葉親文(ちば ちかふみ)先生と丸尾文昭(まるお ふみあき)先生も講演を行いました。
丸尾先生からは「いもりの里で育ててきたアカハライモリの総数は、10年間で3409匹になった。いもりの里に放流した個体の継続調査によって、アカハライモリの成体が住み続けられる環境が整ってきていることが分かってきた」という説明がありました。
また、いもりの里の「田んぼと山林が近い距離にある」という特殊な環境のおかげで、「これまで、アカハライモリは水のあるところにだけ住むと考えられてきたが、実は一定期間山林に住んだりしている」という驚きの結果が得られたと説明がありました。
講座の総括では、「ユニークなアカハライモリの魅力をもっと市民にアピールしていき、環境保全の意識向上につなげていきたい」と話されていました。
いもりの里協議会メンバーの筑波大学の千葉先生がプロジェクタスクリーンの前で講演を行っている様子
千葉先生からは、アカハライモリが持つ驚異的な再生力について、映像や図を交えながら分かりやすく講演を行って頂きました。
千葉先生から「アカハライモリの再生の仕組みが、これまでの定説と実は違う事が分かってきた。もしかすると、教科書の説明が変わるかもしれない」という驚きの説明があり、参加者はメモを取りながら興味深く説明を聞いていました。
講演を行った講師に、参加者が質問をしている様子。ホール内の後ろの席の質問者が前方の講師に向って質問している。
講座の最後に、質問コーナーが設置され、参加者からは「農薬がアカハライモリにもたらす影響」など、盛んに質問がされていました。

イモリのふれあいコーナーの様子

イモリが入れられた水槽に子どもたちが手を入れて触れ合っている様子
また、講演会の合間には、アカハライモリに直接触ることが出来るコーナーが設置されました。
講演会に参加した子どもたちが、プラボックスの中のイモリに触れ、指をさして話をしている様子
参加者は、初めて見るアカハライモリに興味津々(きょうみしんしん)!
初めてアカハライモリに触った子どもたちからは、「肌がつるつるしているイメージだったけど、ザラザラしていて驚いた」、「アカハライモリのお腹の模様が、1匹ずつ違うのは知らなかった」などの感想が上がっていました。
今回の公開講座では、アカハライモリの最新の研究結果を学んだり、アカハライモリに直接触れるなど、とても充実した体験ができました。
これからも、アカハライモリが元気に住み続けられるように、取手市の環境を守っていきましょう!

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱