現在位置 ホーム > くらしの情報 > 環境・衛生 > 環境にやさしい生活 > 令和元年度取手市夏期節電行動計画の実施結果

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年12月18日

令和元年度取手市夏期節電行動計画の実施結果

取手市節電行動計画の概要

市では、電気使用量を抑制することが温室効果ガス排出量の削減につながると考え、節電に取り組んでいます。令和元年度も市内の各公共施設において、7月から9月までの3か月間節電に取り組み、その節電の結果がまとまりましたので報告します。

夏期節電目標

市では、夏期の電力消費量を対平成22年度比で15パーセント削減することを目標に、節電に取り組みました。
節電の取り組みの結果、令和元年度は対平成22年度比で19.9パーセント削減となり、目標を達成することができました。
市では電力消費量が多く見込まれる冬期の節電にも引き続き取り組んでいきます。

目標を達成できた背景

今年度も厳しい暑さだったにも関わらず目標を達成できた背景には、各施設での暑さ対策の工夫があげられます。
窓に遮光シートを貼るなどの暑さ対策をしたことで、エアコンの設定温度を控えめにしても快適に過ごせた施設や、涼しい日には窓を開けて自然の風を積極的に取り入れたことで、エアコンの使用を抑えられたという施設もありました。
このような、小さな工夫をコツコツ積み上げていくことで節電効果をあげることが出来ました。
今年、エアコンの使い過ぎで電気代が上がったというかたは、小さな工夫から取り組んでみてはいかがでしょうか。

取手市公共施設の電力使用量(3か月計)と削減率(対平成22年度比)結果

実施期間

令和元年7月1日から令和元年9月30日(計3か月間)

平成22年度の電気使用量(単位:キロワットアワー)

  • 本庁舎:322,235
  • その他の施設:2,169,095
  • 合計:2,491,330

令和元年度の電気使用量(単位:キロワットアワー)

  • 本庁舎:166,279
  • その他の施設:1,828,713
  • 合計:1,994,992

対平成22年度比の電気使用量増減量(単位:キロワットアワー)

  • 本庁舎:マイナス155,956
  • その他の施設:マイナス340,382
  • 合計:マイナス496,338

対平成22年度比の電気使用量削減率

  • 本庁舎:マイナス48.4パーセント
  • その他の施設:マイナス15.7パーセント
  • 合計:マイナス19.9パーセント

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱