現在位置 ホーム > くらしの情報 > 環境・衛生 > 環境にやさしい生活 > 緑のカーテン > 令和4年度緑のカーテンづくり講習会を開催しました

印刷する

更新日:2022年6月15日

ここから本文です。

令和4年度緑のカーテンづくり講習会を開催しました

取手市は「気候非常事態宣言」を発出し、2050年に温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」の実現に向けた取組を進めています。

地球温暖化は、二酸化炭素などの温室効果ガスによって引き起こされています。そして、二酸化炭素は私たちが使う電気をつくる際にも多く排出されているため、私たち一人ひとりが省エネや節電に取り組むことで地球温暖化の防止に貢献できます。

そこで、今回市では、ゴーヤなどのツル性植物を窓辺に育て、室内に入る夏の日差しを遮ることで体感温度を抑える効果があり、冷房にかかる電気使用量の節電が期待できる緑のカーテンのつくり方についての講習会を開催しました。

講座の内容

令和4年5月20日(金曜日)、取手市福祉交流センター多目的ホールにて「緑のカーテンづくり講習会」を開催。当日は48名のかたが参加しました。
講師には、NPO法人緑のカーテン応援団の理事として、緑のカーテンに関する知識の普及・啓発に活躍されている三ツ口 拓也(みつぐち たくや)先生を招き、緑のカーテンの効果や作り方などについて講義していただきました。

講習会の様子

ホワイトボードに前に立ち、マイクを持って話している講師の三ツ口拓也先生

まず、緑のカーテンの効果やその魅力についてのお話がありました。
緑のカーテンは、室内に入る夏の日差しを遮熱し体感温度を抑えることで、暑い夏を涼しく過ごすことができる取組です。
三ツ口先生からは、「緑のカーテンは遮熱ガラスやすだれと違って、植物によるカーテンなので、葉から水分が蒸発することで熱をため込まず表面が常に適温に保つことができる。この現象を利用し、体感温度を低く抑えることができる仕組みになっている」との説明がありました。

緑のカーテンづくり講習会で講師と参加者が実際に体を動かして体験をしている様子
また参加者は、その場で手をこすり、顔の横に近づけると摩擦熱により体感温度が変わる現象を体験しました。
参加者からは「たしかにもわっとした暑さを感じる!」「この熱を遮るための緑のカーテンなのか」といった声があがっていました。

緑のカーテンづくり講習会で三ツ口先生がお話しされている写真
次に、緑のカーテンの作り方と育て方についてのお話がありました。
よい苗の選び方、水やりのコツ、肥料のあげ方、摘心のやり方など、ハンドブックの内容にそって初心者のかたにもわかりやすく説明していただきました。
「緑のカーテンのつくりかたハンドブック」(PDF:6,294KB)(別ウィンドウで開きます)
説明の中で、よい苗の特徴として「濃すぎない緑色」「双葉が枯れて落ちていない」「根っこが伸びすぎていない」の三つがあげられました。
水やりについても、梅雨明け前と梅雨明け後では水やりの頻度や量が異なることや、長期間外出する際には土に水をしみこませ根っこから水を吸い上げる「底面灌水(ていめんかんすい)」が効果的であることなど、様々な状況における対処法を学ぶことができました。
また、それぞれの居住形態にあわせた緑のカーテンの作り方の紹介があり、一戸建てやアパート・マンションによって異なる育て方のポイントについて説明していただきました。
三ツ口先生は「一戸建ては地植え、アパート・マンションはプランターが望ましい。ただ、壁や天井にフックを取り付けたり、二階部分を利用したりすることで、様々な取り付け方ができるので、ぜひいろいろな工夫をして緑のカーテンを楽しんで欲しい」とお話しされていました。

令和4年度緑のカーテンづくり講習会で参加者が挙手している様子
質疑応答では、「葉が徐々に黄色くなってしまうが対策はあるか」「ゴーヤの連作はできるのか」といった質問が寄せられ、三ツ口先生は「下から葉が黄色くなるのはちっ素不足が考えられるので一週間に一回の頻度で液体肥料を追肥したほうがよい。葉がまだらに黄色くなる場合はマグネシウム不足が考えられるのでミネラル分が含まれているものを追肥すること」「ゴーヤやヘチマなどのウリ科の連作はよくないので、連作にならないようスナップエンドウなど科目が異なる野菜や植物を間に挟むとよい」などわかりやすく的確に答えていました。
参加者のかたがたは、今回の三ツ口先生の講習会を受講されて、緑のカーテンへの理解がより一層深まったようでした。
また、市では、緑のカーテンの普及を目的に毎年「緑のカーテンコンテスト」を開催しています。
受付期間の詳細については、開催時期が近づきましたらホームページ等でお知らせします。

今年の夏は、地球とお財布にもやさしい緑のカーテンに挑戦してみませんか。

当日配布したもの

参加者の感想

  • ユーモアを交えて、楽しく緑のカーテンについて学ぶことができました。
  • いただいた苗を参加したかたがたと同様に育てることで、市内に輪が広がる楽しみを感じました。
  • 初めて講習会に参加しましたが、親切に一から教えていただいてとてもわかりやすかったです。
  • 家に帰って、さっそく緑のカーテンづくりに取り組みたいと思います。今年は緑のカーテンで涼しい夏が過ごせそうです。

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱