現在位置 ホーム > 市政情報 > 広聴・広報・情報公開 > パブリックコメント > 第二次取手市環境基本計画(素案)意見募集結果

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年11月16日

第二次取手市環境基本計画(素案)意見募集結果

「第二次取手市環境基本計画(素案)」について、平成31年1月15日(火曜日)から2月15日(金曜日)までの間、皆さんからのご意見を募集した結果、1人から3件のご意見をいただきました。
提出いただいたご意見とこれに対する市の考えかたを公表します。
提出いただいたご意見は、原文公表を基本としています。ただし、個人情報、個人や団体等に対する誹謗中傷及び公序良俗に反するもの、第三者の利益を害するおそれがあるものと実施機関が判断した部分などについては公表していません。
なお、提出意見については原文のまま掲載しているため、音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

提出意見と市の考えかた及び反映結果

今後の取り組みにおいて参考にするもの

提出意見

ごみを減らす生活づくり(循環型社会の構築)

  • 施策の展開、方向性について
    1. 廃棄物における分別等の適正処理のみでは、減量困難なのではと思われます。
    2. 常総環境センターの処理dataからでは、人口増に比例してゴミの量も増加しています。(H18~29data)
    3. 参考データもあります。人口増加、ゴミ減量の町も、近隣にあります。(○○市)
上記意見に対する市の考えかた

1.につきましては、減量(Reduce)、再利用(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3R行動の普及促進をより一層進めていきます。
その一つとして、5種16分別のごみ分別を徹底することにより、これまでごみとして処分されていたものがリサイクルに回り、リサイクル率が向上し、結果的にごみが減量する循環型社会の構築につなげていきたいと考えています。
2.につきましては、取手市のごみ排出量は減少しています。
3.につきましては、調査・研究していきたいと考えています。

提出意見

生物多様性の保全・再生(田園風景の保全)

  1. 冬季に田圃に水を張ること。…農家の協力を得て、一部の田圃に水を張ることで生物多様性に培う。(提案)
上記意見に対する市の考えかた

御提案の内容につきましては、今後、施策・事業を推進していく中で、御提案を参考とさせていただきます。

その他(感想や賛否のみのものなど)

提出意見

緑あふれる快適な生活の創造(快適環境)

  • 歴史と文化の保全(緑豊かな河川景観、田園景観等の保全)
    1. 巨木、名木、古木が伐採されている。(例取手市、守谷市、利根町など)〈取手指定No.73ムクロジの伐採〉
上記意見に対する市の考えかた

御指摘のNo.73ムクロジにつきましては、平成30年9月30日の台風24号により根本から倒木し、やむを得ず所有者が伐採処分しました。

意見公募によって提出いただいた意見及び反映結果一覧

提出いただいた意見と市の考え方及び反映結果を一覧にしたものは、以下のファイル名をクリックしてください。

「第二次取手市環境基本計画(素案)」意見公募によって提出いただいた意見及び反映結果(PDF:93KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱