現在位置 ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険(75歳未満) > 「国民健康保険」のお知らせ > 国民健康保険被保険者証の更新月は4月から8月に変わりました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年3月14日

国民健康保険被保険者証の更新月は4月から8月に変わりました

被保険者証(保険証)と高齢受給者証が一体化

これまで、70歳から74歳のかたには、被保険者証のほかに一部負担金の割合を記載した高齢受給者証を送付していました。

平成30年4月の被保険者証更新からは、利便性向上のため被保険者証に高齢受給者証の内容も記載した1枚のカードになり、被保険者証1枚の提示で病院受診ができるようになりました。

被保険者証の有効期限

被保険者証と高齢受給者証の一体化に伴い、被保険者証の有効期限は、3月31日(4月1日更新)から、原則7月31日(8月1日更新)に変更になりました。これは、70歳以上のかたの一部負担金の負担割合が8月切り替えのためです。

現在お持ちの被保険者証は、平成31年7月31日まで使用できます。

有効期限を過ぎた被保険者証は無効となりますのでご注意ください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱