現在位置 ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 免除・納付猶予 > 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料免除の特例

印刷する

更新日:2022年7月4日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料免除の特例

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したかたは、特例用の申立書を各種申請書に添付することで、収入が減少した後の見込み所得額で免除申請を行うことができます。

対象者

以下の全てを満たすかたは、特例による免除申請を利用することができます。

  • 令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少していること
  • 収入の減少により相当程度まで所得低下が見込まれること

(注意)収入の減少により、令和2年2月以降の所得等の状況からみて、当年中の所得の見込み等が、国民年金保険料の全額免除、一部免除、納付猶予及び学生納付特例に該当する水準になることが見込まれること。

(注意)令和4年度の免除(納付猶予)申請をする場合、令和3年1月以降の所得での申し立てとなります。

免除(納付猶予)期間と対象となる所得月

免除・納付猶予申請の場合

  • 令和元年度・令和2年度:令和2年2月から令和3年7月
  • 令和3年度:令和2年2月以降
  • 令和4年度:令和3年1月以降

学生納付特例申請の場合

  • 令和2年度:令和2年2月から令和3年4月
  • 令和3年度:令和2年2月以降
  • 令和4年度:令和3年1月以降

免除(納付猶予)が承認されたときの適用期間

(注意)令和4年7月時点での適用期間です。遡って免除(納付猶予)申請できるのは2年1ヶ月前までです。

免除・納付猶予申請の場合

  • 令和元年度:令和2年6月
  • 令和2年度:令和2年7月から令和3年6月
  • 令和3年度:令和3年7月から令和4年6月
  • 令和4年度:令和4年7月から令和5年6月

学生納付特例申請の場合

  • 令和2年度:令和2年6月から令和3年3月
  • 令和3年度:令和3年4月から令和4年3月
  • 令和4年度:令和4年4月から令和5年3月

申請方法

必要なもの

  • 身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証など)
  • 所得の申立書(臨時特例用)
  • 基礎年金番号の分かるもの(年金手帳など)
  • 学生証(有効期間内のもの。学生納付特例のみ) など

(注意)窓口で免除申請の手続きができるのは本人のみです。本人以外のかたは委任状があっても手続きできません。

令和4年度用簡易な所得見込額の申立書(PDF:176KB)(別ウィンドウで開きます)

令和4年度版新型コロナウイルス感染症による国民年金保険料免除(臨時特例)申請のご案内(PDF:295KB)(別ウィンドウで開きます)

令和3年度以前の所得の申立書やご案内は、以下のリンクからダウンロード・印刷できます。

新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

(注意)所得の申立書は、申請年度ごとに1枚ずつ必要です。市役所窓口でも用意しています。

お問い合わせ先

土浦年金事務所

電話番号

029-825-1170

住所

郵便番号 300-0812
茨城県土浦市下高津2-7-29

アクセス

JR常磐線「土浦駅」西口より

  • キララちゃんバスBコース 亀城公園循環「土浦年金事務所」下車すぐ
  • 関東鉄道バス 桜ニュータウン行(もしくは水海道行)「国立病院入口」下車 徒歩7分

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱