現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手のまちづくり > 各部署の計画 > 健康増進部所管 > 平成30年度 取手市国民健康保険 保健事業実施計画

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年6月27日

平成30年度 取手市国民健康保険 保健事業実施計画

取手市国民健康保険保健事業実施計画は、「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針(平成16年7月30日厚生労働省告示第307号)」に基づき、個々の被保険者の健康の保持増進、病気の予防や早期回復など生涯における生活の質の維持・向上を目的に保健事業を実施するため、以下に定める基本方針に基づき事業を実施します。

平成30年度取手市国民健康保険保健事業実施計画(PDF:116KB)(別ウィンドウで開きます)

基本方針

(1)特定健康診査・特定保健指導の推進

生活習慣病の予防に着目した特定健康診査・特定保健指導を軸に、被保険者の状況に対応した受診環境や保健指導体制の整備を図ります。

(2)人間ドック助成事業の推進

生活習慣病の予防、疾病の早期発見及び治療につながり、被保険者の健康の保持増進に寄与することを目的として、検査に要する費用の一部を助成します。

(3)普及啓発事業・疾病予防事業の推進

多様な年齢層の被保険者が参加しやすい催し等を実施し、生活習慣病予防など健康に関する正しい知識の普及を図ります。

事業計画

基本方針に基づき、以下に定める事業を実施します。

(1)特定健康診査・特定保健指導の推進

「取手市国民健康保険保健事業総合計画(第二期データヘルス計画及び第三期特定健康診査等実施計画)」に基づき、生活習慣病の予防に着目した特定健康診査を実施し、被保険者の健康管理を図ります。また、特定健康診査の結果より健康の保持に努める必要があるかたに対する特定保健指導を実施し、被保険者の生活習慣の改善を促し、生活習慣病の予防を図ります。

  • 特定健康診査
  • 特定保健指導

(2)人間ドック助成事業の推進

被保険者の健康の保持増進を図ることを目的に「取手市国民健康保険被保険者の人間ドック検診料助成に関する要綱」に基づき、人間ドックを受診する被保険者に対し費用の一部を助成します。

  • 日帰りドック
  • 脳ドック
  • 肺ドック

(3)普及啓発事業・疾病予防事業の推進

取手市は、地域で元気に暮らせる社会を実現するため「健幸=健康で幸せ」なまちづくりを進めています。市民全体の健康づくりのためには、市民一人ひとりが生活習慣に関心を持ち、健康維持に努めていくための行動変容を図る必要があります。健康増進部全体で連携を図り役立つ情報発信や改善指導を行っていきます。

  • がん検診受診率向上事業(ワンコインがん検診)
  • 糖尿病予防教室
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)重症化予防事業

(4)その他の事業

  • 健康まつり
  • 生活習慣病重症化予防
  • 糖尿病性腎臓病重症化予防事業

推進体制

取手市健康増進部内(国保年金課、保健センター、健康づくり推進課)で連携し、取手市医師会や各医療機関、関係機関・団体と協働して事業を進めていきます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱