現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 介護サービス > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱い

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年5月18日

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱い

これから要介護・要支援認定の更新をされるかた

このたび、厚生労働省の事務連絡(令和2年4月7日付)により、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図る観点から、被保険者との面会が困難な場合、当該被保険者の認定の有効期間については、従来の期間に新たに12ヶ月までの範囲内で市町村が定める期間を合算できるとの通知がありました。
これにより本市では、面会が困難などの理由により認定調査ができない被保険者については、現在の認定の有効期間を12ヶ月延長した介護保険被保険者証を、更新申請後に交付いたします。
また、通常通り認定調査が行える被保険者については、調査を実施のうえ審査会において要介護度及び有効期間を決定し、介護保険被保険者証を交付いたします。
更新の申請書はケアマネジャーもしくはご自宅に送付いたします。
ご不明点やご不安等ございましたら取手市役所高齢福祉課までご連絡ください。

(注意)今後の状況によっては、対応が変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

お問い合わせ

高齢福祉課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-6600

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱