現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 生涯学習・スポーツ > 「スポーツ」のお知らせ > 交流自治体少年野球大会に取手市選抜チームが出場

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年9月27日

交流自治体少年野球大会に取手市選抜チームが出場

令和元年8月31日(土曜日)、9月1日(日曜日)に福島県南相馬市で「第10回杉並区・取手市・南相馬市交流自治体少年野球大会」が開催されました。同大会は取手市と災害協定を結んでいる南相馬市および、南相馬市と災害協定を結んでいる杉並区と、少年野球を通じて親睦を図り、友好の輪を広げることを目的として行われており、取手市からは市内各チームから選抜された選手で構成された「取手市ローレル」「取手市アザレヤ」の2チームが出場しました。普段はライバルとしてプレーをしている中で、今大会ではチームメートとして一丸となってプレーし、取手市ローレルチームが見事準優勝、取手市アザレヤチームは3位と優秀な結果を残しました。

また、9月26日(木曜日)には取手市福祉交流センターにおいて取手市選抜チーム解団式が開催され、選抜チーム中村団長、ローレルチーム石渡主将、アザレヤチーム檀原主将、保護者責任者より大会報告がありました。

報告を受けた藤井市長は、「第10回という記念すべき一区切りを迎えることができたことに対し、連盟の皆様の働きに深く感謝申し上げます。また、選手の皆様におきましては、他自治体と、取手市という看板を背負い戦うことで、技術のみならず、一生懸命にボールを追うひたむきさを身につけられたことと思います。このような環境を大事にし、今後に生かして下さい。」と話しました。

伊藤教育長は、「皆様の報告を聞き、大会への皆さんの心構えや努力が伝わってきました。選抜チームということで、市内市外問わず多くの交流を深め、培ったものはそれ以上だと思います。こういった場が支えられているのも、連盟はじめこの場にいる皆様のおかげです。」と話しました。

野球の試合の様子。バッターボックスでスイングをする選手の写真。
白熱の試合を繰り広げました

優秀選手(渡辺康太選手)と市長がトロフィーを手に並んでいます
優秀選手に選ばれた渡辺康太選手(左)と藤井市長(右)

お問い合わせ

スポーツ生涯学習課 

茨城県取手市藤代700

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-83-6610

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱