現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 「歴史・文化財」のお知らせ > 【更新】市民大学特別講座「徳川斉昭・慶喜・昭武と渋沢栄一」を開催します

印刷する

更新日:2021年11月30日

ここから本文です。

【更新】市民大学特別講座「徳川斉昭・慶喜・昭武と渋沢栄一」を開催します

取手市施行50周年を記念して、令和3年10月2日より『目で見る取手の歩み』の販売を開始します。

『目で見る取手の歩み』の発刊に関連し、市民大学特別講座「徳川斉昭・慶喜・昭武と渋沢栄一」全3回を開催します。

市内取手2丁目にある「旧取手宿本陣染野家住宅」は、水戸徳川家から本陣に指定され、歴代の水戸藩主やその家族に利用されました。今年の大河ドラマ「青天を衝け」にも登場した水戸藩第9代藩主徳川斉昭やその七番目の男子である最後の将軍である徳川慶喜もそのひとりです。

取手にもゆかりの深い水戸徳川家と渋沢栄一の深いかかわりを、3回にわたって紹介します。

第1回(終了)

  • 演題「徳川慶喜・昭武と渋沢栄一の物語-1867年パリ万博と水戸のネットワーク-」
  • 開催日時、11月20日(土曜日)午後2時から午後3時30分
  • 講師、齊藤洋一氏(松戸市戸定歴史館名誉館長・大河ドラマ「青天を衝け」時代考証)

第2回(募集期間終了)

  • 演題「渋沢栄一と水戸藩-史実とドラマの間-」
  • 開催日時、12月11日(土曜日)午後2時から午後3時30分
  • 講師、永井博氏(茨城県立歴史館特任研究員・大河ドラマ「青天を衝け」資料提供者)

【更新】第3回

  • 演題「政治は可能性の芸術である(ミハイル・ゴルバチョフ)-将軍・徳川慶喜最後の闘い-」
  • 開催日時、令和4年1月22日(土曜日)午後2時から午後3時30分
  • 講師、大庭邦彦氏(聖徳大学教授)

定員

各回とも200名(事前申し込み制)

注意点

新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、中止または変更となる場合があります。

料金

無料

会場

取手ウェルネスプラザ
取手市新町2-5-25

(下段の地図は、講座が実施される会場の地図です。ご注意ください。)

駐車場

有料駐車場がありますが、数に限りがあります。公共交通機関のご利用にご協力ください。

申し込み方法

各回ごとに申し込みください。応募者が多数の場合は、抽選とさせていただきます。

往復はがきによる申し込み

往診面に希望講座名、代表者を含む3名までの氏名、ふりがな、代表者の氏名、申込者全員の電話番号を記入し、返信面に代表者の宛先を明記し、下記まで郵送してください。

郵送先

〒302-0007茨城県取手市吉田383番地

取手市埋蔵文化財センター「市民大学特別講座」係宛

【更新】専用フォームからの申し込み

専用フォームから申し込んでください。一度の申し込みで3名まで応募できます。

第3回専用フォームを新規に作成しました。第3回申し込み専用フォームは、https://s-kantan.jp/city-toride-ibaraki-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=24937(外部リンク)

QRコードはこちらです

市民大学第3回専用フォームQRコード画像

申込期間

第1回(募集期間は終了しました)

令和3年10月1日(金曜日)から10月29日(金曜日)必着

第2回(募集期間は終了しました)

令和3年10月1日(金曜日)から11月19日(金曜日)必着

【新規募集】第3回

令和3年12月1日(水曜日)から12月20日(月曜日)必着

【参考】『目で見る取手の歩み』の紹介のページ

『目で見る取手の歩み』の紹介ページに移動します。(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

生涯学習課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

広告エリア

広告募集要綱