現在位置 ホーム > くらしの情報 > 市政協力員・自治会・地縁団体 > 市政協力員 > 市政協力員研修をzoomを使って行いました

印刷する

更新日:2021年8月13日

ここから本文です。

市政協力員研修をzoomを使って行いました

市政協力員の皆さんは、毎年研修を通して情報交換や地域活動に関する情報を収集しています。

令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、新たな試みとしてウェブ会議アプリ「zoom」を使用した意見交換会として研修を行いました。

当日は、zoomを自宅から利用したかたが13組14人、市役所で2台のウェブカメラを利用しての参加が8人でした。

当日まで

各自、アプリをインストールし、職員との事前練習を通して、マイクやカメラを設定するなど、初めてのことに戸惑いながらも皆さんとzoomを使用して会話することができました。

意見交換会

各地区で現在課題となっていることや、各地区で工夫している活動について発表したり、アドバイスをしたりと情報交換を行いました。

また、昨今の自然災害に自治会・町内会など地域がどのように備えておくべきなのか、防災に関する意見交換もなされました。

会議室で椅子に座っている参加者が、スクリーンに映っているzoom参加者のマルチ画像を見ている様子の写真

スクリーンに映し出されているzoom参加者のマルチ画像の写真

会議室で椅子に座っている参加者8人が、話を聞いている様子の写真

実際にzoomを利用した感想

今回、zoomを利用して意見交換会に参加した市政協力員は14名でした。そのうちの13名が今回初めてzoomを利用しました。今回のためにパソコンを買い替えたり、マイクを買ったりとそれぞれが対応し当日はスムーズに開催することができました。実際にzoomを利用した市政協力員のかたのご意見を紹介します。

  • パソコンは使い慣れないが、これからの時代に生きていくためにはパソコンなどに挑戦しなければならないと思った
  • パソコンを使う、と言われると難しく構えてしまうが、テレビ電話のような要領でできたので意外と簡単だった
  • 近くにパソコンを使いこなせる人がいたのでよかった
  • これからはこういった会議の形があってもいいと思った
  • 今回は利用しなかったが、自宅でも使えるのではないかと思ったので次回はチャレンジしてみようと思う

お問い合わせ

市民協働課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱