現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手のまちづくり > 取手市制施行50周年

ここから本文です。

取手市制施行50周年

取手市は、令和2年10月1日に市制施行50周年を迎えます。これまで各所管課において、市が主催となる市制施行50周年記念事業の実施に向けてさまざまな準備を進めてまいりました。

しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続いているなか、流行の第2波、第3波が発生する可能性も指摘されております。茨城県においてもイベント等の開催には一定の取り組みが必要であり、ガイドラインの遵守なども求められているところです。市では、今年度予定しておりました市主催の市制50周年記念事業のなかで、式典・イベント等、多くの皆さんが集まる可能性のある事業や付随する事業の一部を来年度に延期することといたしました。

昭和45年10月1日、県内17番目の市制を施行して取手市が誕生しました。

令和2年10月1日に50周年を迎える取手市では、半世紀の節目を市民の皆さんとお祝いするために、様々な記念行事を企画しています。

50周年記念関連ページ

 

取手市制施行50周年記念ロゴマーク

50周年ロゴマーク。青色で、円の中に50があり、0の中に梟の絵、円の周りにToride city Anniversaryの文字

取手市制施行50周年記念キャッチフレーズ

「50周年 あなたの手わたしの手 共に作ろう未来の取手」

 

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱