現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 生涯学習・スポーツ > 「スポーツ」のお知らせ > パラリンピックゴールボール山口凌河選手が市長を表敬訪問しました(9月28日)

印刷する

更新日:2021年10月1日

ここから本文です。

パラリンピックゴールボール山口凌河選手が市長を表敬訪問しました(9月28日)

令和3年9月28日(火曜日)、東京2020パラリンピックゴールボール競技日本代表の山口凌河選手が大会結果を市長に報告しました。
惜しくもメダル獲得とはなりませんでしたが、日本は予選リーグを1位で突破し、5位入賞という大健闘で、山口選手も攻守ともに大活躍しました。

山口選手は、「すべての試合、プレーが思い出深いものになり、夢のような時間でした。パラリンピックという大舞台を経験して、家族、友人、地域のかたがたに支えられていることをより実感し、これからの励みにもなっています。3年後のパリで再びパラリンピックの舞台に立ち、チームの中心となって活躍し、メダルを持って帰りたいと思います。」とこれからの意気込みを語ってくれました。

報告を受けた市長は、「お会いする度に山口選手が成長しているのが実感でき、とてもうれしく思っています。山口選手の活躍が、周囲の人々の大きな励みになっています。これからも頑張ってください。」と激励の言葉をおくりました。

山口選手は10月から日本ゴールボール協会主催の日本代表強化合宿に参加します。

市長と山口選手がゴールボールを持って並んでいます
市長(左)と山口選手(右)

お問い合わせ

スポーツ振興課 

茨城県取手市椚木15

電話番号:0297-82-7200

広告エリア

広告募集要綱