印刷する

更新日:2022年6月7日

ここから本文です。

マスク着用による熱中症にご注意ください

マスク着用の考え方

マスク着用は、基本的な感染防止対策として重要です。しかし夏場については熱中症対策の観点から屋外でマスクの着用が必要ない場面ではマスクを外すことが推奨されています。
(注意)マスクの着用の有無については、下記を参考に場面に応じて適切な判断をお願いします。

屋外の場合

人との距離(2メートル以上)が確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合はマスクを着用する必要はありません。

マスクを外してよい場合

  • 公園での散歩やランニング、サイクリングなど
  • 徒歩や自転車での通勤など、屋外で人とすれ違う場合
  • 人との距離が確保でき、会話をする場合

マスクの着用が推奨される場合

  • 人との距離を確保できず、会話をする場合

屋内の場合

人との距離(2メートル以上)が確保できて、かつ会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

マスクを外してよい場合

  • 人との距離を確保し、ほとんど会話を行わない場合
    (注意)屋内では、換気状況、建物構造、講じられている対策等が一律でないため、施設管理者の指示等も踏まえ、適切な判断をお願いします。

マスクの着用が推奨される場合

  • 通勤電車の中や、人混みの中にいる場合
  • 人との距離を確保できず、会話をする場合
    (注意)人との距離が確保でき、十分な換気など感染防止対策を講じている場合には外すことも可能

 

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康づくり推進課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱