現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > 健康づくり > 食育 > 第2回「取手二高生とお菓子作り体験!」を開催しました!

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年2月28日

第2回「取手二高生とお菓子作り体験!」を開催しました!

平成30年2月24日(土曜日)に取手ウェルネスプラザ内クッキングスタジオにて、第2回「取手二高生とお菓子作り体験!」を開催しました。今回も、茨城県立取手第二高等学校に協力をお願いし、家政科の生徒さんたちが、学校で学んだ知識や技術を市民に提供する機会として実施しました。

昨年は、「スノーボールクッキー」を作成し、今回は何を作ろうかと先生と打ち合わせをし、「ふわふわマドレーヌ」に決定しました。
小学校1年生から中学校3年生の皆さんが、高校生のお姉さんたちに教わりながら、「ふわふわマドレーヌ」を作りました。
高校生のお姉さんたちも参加者の皆さんが楽しくお菓子作りができるように、積極的に声をかけたり、一緒に作業したりと頼もしい姿を見せてくれたのが印象的でした。

お菓子作り体験のひとコマ

二高生が一列に並んで、参加者に挨拶しているところ。

最初の司会も二高生が担当しました。家政科の1年生と2年生の生徒が、参加する児童の皆さんに自己紹介をしています。普段の調理実習の正装である白衣と白い三角巾を身につけています。

二高の矢口先生が作り方の説明をしているところ。

家政科の矢口先生が、今日の手順を説明しています。子どもたちは真剣に聞いていました。ハンドミキサーを使って泡立てをしている参加者を、二高生のお姉さんが見守っているところ。

ハンドミキサーを使って、卵の泡立てをしている参加者を二高生のお姉さんが見守っています。

二高生がかかんで、参加者の作業しやすい高さに合わせて粉ふるいをしているところ。

小学校1年生には少し作業台が高めです。二高生のお姉さんは、参加者の作業しやすい高さに合わせてくれています。

マドレーヌ生地を型に流しいれているところ。

マドレーヌ生地を型に流し入れています。同じ焼き上がりになるように、生地の量を調節しています。藤井市長が焼き立てのマドレーヌを試食しているところ。

藤井市長が焼きたてのマドレーヌを試食しています。焼きたてのおいしさに、表情もにこやかです。

市長を囲んで参加者全員で記念撮影をしているところ。

参加者と二高生が、藤井市長を囲んで記念撮影をしました。二高生と先生方の記念撮影。
最後に、ご協力をいただいた取手第二高等学校の家政科の先生がたと生徒の皆さんで記念撮影をしました。土曜日にも関わらず、快く参加していただいた生徒さんたちです。白衣を着ていた時とはイメージもガラッと変わり、表情もキラキラしていました。
本当にありがとうございました。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

健康づくり推進課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱