現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 取手市の指定文化財一覧 > 絹本金箔地刺繍釈迦涅槃図

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月21日

絹本金箔地刺繍釈迦涅槃図

この絹本金箔地刺繍釈迦涅槃図(けんぽんきんぱくじししゅうしゃかねはんず)は、絹(きぬ)に金箔を押して刺繍でお釈迦(しゃか)様の涅槃の姿を描いた掛け軸で、幅約2メートル、高さ約3.7メートルの大変に大きなものです。

京都から来た刺繍と金箔の職人である縫泊師(ぬいはくし)が、宮和田村や近隣の村人から寄付を募り、3年の歳月をかけて制作しました。完成は寛文9年(1669)2月です。

涅槃図の周囲には、費用を寄進した大勢の寄進者の村名と名前が、刺繍されています。

お釈迦様がお亡くなりになった場面が刺繍で描かれています。周囲には制作の費用を寄進した人々の名前が刺繍されています。

通常は公開していません。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。