現在位置 ホーム > 施設案内 > 生涯学習・文化施設 > 埋蔵文化財センター

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年10月4日

埋蔵文化財センター

取手市内には、旧石器時代から中世、そして水戸街道の宿場として栄えた近世の宿場跡に至るまで、約90か所の遺跡があります。
埋蔵文化財センターは、市内の遺跡の調査や保護・保存の中枢を担う施設として、平成11年に開館しました。
展示室では、年2回企画展を開催しています。開催期間中は、講演会・講座・展示説明などを合わせて実施しています。
取手市では、建築および開発行為など、地下にある埋蔵文化財に影響を与える可能性がある場合は、埋蔵文化財の所在の確認が必要となります。取手市では「取手市埋蔵文化財の取扱い要領」によって手続きのガイドラインを定めています。詳しくは、センターまでお問い合わせ下さい。
第42回企画展「村のお殿様-取手を治めた旗本たち-」は、10月1日(日曜日)で終了しました。ご来館ありがとうございました。
第43回企画展は、平成30年2月半ばから4月後半の会期で、考古学・埋蔵文化財をテーマとして開催の予定です。詳細が決まりましたら、市ホームページ及び『広報とりで』でお知らせします。

施設情報

住所

取手市吉田383

電話番号

0297-73-2010

ファクス

0297-73-5003

業務時間

午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休業日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
第42回企画展開催期間中の7月25日(火曜日)から10月1日(日曜日)は、月曜日が休館日になります。
ただし9月18日(月曜日・敬老の日)は開館して、翌19日(火曜日)が休館になります。

アクセス

取手駅東口から大利根交通バス吉田バス停下車、または関東鉄道バス竜ヶ崎駅、光風台団地行で青柳南バス停(あおやなぎみなみ・ばすてい)下車、徒歩10分
藤代・光風台方面からは取手駅東口行関東鉄道バスで青柳南バス停下車、徒歩10分
コミュニティバス中央循環東ルートおよび東南部ルートで取手東小入口下車、徒歩8分
コミュニティバス小堀(おおほり)ルートで取手東小入口下車、徒歩8分

埋蔵文化財センター

企画展開催中は、のぼり旗を立てて皆様をお迎えします。

第42回企画展展示室の光景

平成29年8月10日にご来館のいきいき講座の皆様。センター2階の講座室で、企画展の講義を受けています。。この後、展示室での説明になります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。