現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手のまちづくり > シティプロモーション > 取手市PR大使 > 取手市PR大使さくらまやさんが「駅前にぎわいフェスタwith取手映画祭」に参加

印刷する

更新日:2023年3月24日

ここから本文です。

取手市PR大使さくらまやさんが「駅前にぎわいフェスタwith取手映画祭」に参加

取手市PR大使の歌手・さくらまやさんが、3月18日(土曜日)に実施された「駅前にぎわいフェスタwith取手映画祭」に参加しました。

雨模様のなか 4年ぶりのイベント開催

3月18日は、残念ながら朝から雨模様でしたが、市内企業ブースや市内飲食店のグルメなどを目当てに、大勢のお客様にお越しいただきました。

PR大使によるステージ

PR大使であるさくらまやさんは、午後0時20分頃にステージに登場。

若い女性がマイクを片手に歌っている画像

舞台上で「マリーゴールド」や「ハナミズキ」などの人気曲を熱唱し、会場にお越しになっていたお客さんも美しい歌声に聞き入っていました。

歌唱の途中で、雨の上がる瞬間もありました。さくらさんは舞台から降り、観客のより近くで、素晴らしい歌声を披露しました。また、曲の合間には、みんなが楽しめるじゃんけん大会も実施!じゃんけんを続け、勝ち残ったかたに、さくらさんから直接賞品が手渡されました。

舞台の前で1人の女性が歌っている、それを囲むように見たり、撮影している観客たちの写真
奇跡的に雨が一瞬あがったのを見て、舞台から降り、観客のそばで歌うさくらまやさん

会場が盛り上がるなか、さくらさんは、ステージ最後の曲として「残酷な天使のテーゼ」を熱唱!テンポのよい曲調と美声に、会場は一層盛り上がりました。

ほどよく絶妙とりで会議 PRブースへの参加も

さくらさんはステージ終了後、「ほどよく絶妙とりで会議」の皆さんと魅力とりで発信課が出展するPRブースにも参加。なんと、恐竜の着ぐるみを着て飛び入り参加し、ヨーヨー釣りやふわふわ風船のプレゼント、PR物品の配布などに協力してくれました。

恐竜の着ぐるみを着た女性が小さいお子さんに風船を渡しているところ
風船をもらいにきたお子さんや保護者のかたも、ユーモアあふれる着ぐるみ姿のさくらさんに驚き、大喜びでした

最後にみんなで「市民のうた 新しい明日」を熱唱

イベントの最後の演目として、アニソン歌手・谷本貴義さんとまるいきのこさんによる「市民のうた 新しい明日」披露が予定されていました。谷本さんのお声かけで、さくらさんも飛び入り参加。直前までブースのお手伝いをしてくれていたさくらさんは着ぐるみのままで舞台へ!

まるいきのこさんの振り付け指導を受け、雨にも負けない歌声とパフォーマンスで4年ぶりに開催されたイベントのステージを盛り上げました。

お問い合わせ

魅力とりで発信課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱