ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月2日

市政協力員とは

市政協力員の役割

取手市では、地域と行政の連絡役として市政協力員を委嘱しています。

市政協力員は、市民生活の利便と市政運営の円滑化を図っていただくために、各地域で抱えている課題・問題・要望等について十分な話し合いを行い、地域のコーディネーター的役割を担っていただきます。

さらには、自治会や町内会等と連携し、多くのかたが地域活動に参加し、住民交流ができるようなイベント等の企画、また、防災・防犯・環境整備・福祉など様々な部門で、地域コミュニティづくりのリーダーとしても活躍していただきます。

また、市政協力員は、赤十字奉仕員・福祉委員・市民憲章実行委員・公民館運営協力員も兼ねており、募金活動や市民憲章の推進に取り組んでいただくとともに、取手市の政策情報紙「蘖(ひこばえ)」と社会福祉協議会情報誌「とりで」の全戸配布を行います。

仕事の一例

  • 防犯灯設置の要望を市に提出
  • 市道における危険箇所を市に報告
  • 行政主催の会議やイベントに地域の代表として参加
  • 共同募金の集金

市政協力員の委嘱

地域内住民のみなさんの推薦により、市長が委嘱します。任期は2年です。

お住まいの担当市政協力員

ホームページの情報は世界中に発信されることから、市政協力員の一覧は掲載しておりません。

毎年6月頃に発行する「広報とりで」にてみなさまにお知らせしております。

担当の市政協力員がわからない場合には市民協働課までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

市民協働課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。