現在位置 ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 消防・救急 > サイレンの音の違い

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月3日

サイレンの音の違い

サイレンがなっているけど、どこかで火事があったの?

このページでは、取手市消防本部の消防車両のサイレン音について説明します。

消防車両が火災に出場している場合

ウーカンカンカンウーカンカンカン
サイレンの合間に警鐘が入ります。

炎の画像消防車が向かう画像救助工作車が向かう画像

救急隊の応援のため消防車が出場している場合や、救助・警戒などに出場する場合

ウーウーウーウー
警鐘が入りません。

救急車が向かう画像消防車が向かう画像

なお、救急車は特例としてピーポーピーポーと吹鳴させています。

自動音声によるテレフォンサービス

災害が発生し、消防車が出動しているときにはテレフォンサービスで案内しておりますので、ご利用ください。

取手市災害テレフォンサービス
電話 0297-73-0199
(注意)音声による自動案内となります。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

取手消防署 

茨城県取手市井野1264-1

電話番号:0297-74-0119

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。