現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > 予防接種 > 65歳以上の高齢者肺炎球菌予防接種費を一部助成します

印刷する

更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

65歳以上の高齢者肺炎球菌予防接種費を一部助成します

肺炎球菌ワクチンは、成人肺炎の25%から40%を占める肺炎球菌性肺炎を予防するワクチンです。免疫力が低下しているとされる高齢者にとって、ワクチン接種は発症予防や重症化防止に効果があります。

予防接種の特例措置として、国で定めた年齢(65・70・75・80・85・90・95・100歳)に該当するかたの肺炎球菌予防接種費を一部助成します。

定期予防接種の対象にならないかたの予防接種についても、取手市では助成を実施しています。

助成を受けるには接種券と予診票が必要になります。接種をする前に保健センターへお申し込み下さい。

初めて接種するかたへの助成制度のため、過去に全額自己負担を含め、23価肺炎球菌ワクチンの接種を受けているかたは助成の対象外となります。

令和3年度助成対象者

定期予防接種対象者

  • 65歳(昭和31年4月2日生まれから昭和32年4月1日生まれのかた)
  • 70歳(昭和26年4月2日生まれから昭和27年4月1日生まれのかた)
  • 75歳(昭和21年4月2日生まれから昭和22年4月1日生まれのかた)
  • 80歳(昭和16年4月2日生まれから昭和17年4月1日生まれのかた)
  • 85歳(昭和11年4月2日生まれから昭和12年4月1日生まれのかた)
  • 90歳(昭和6年4月2日生まれから昭和7年4月1日生まれのかた)
  • 95歳(大正15年4月2日生まれから昭和2年4月1日生まれのかた)
  • 100歳(大正10年4月2日生まれから大正11年4月1日生まれのかた)
  • 接種日に満60歳以上65歳未満で、心臓、腎(じん)臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有するかた及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有するかた(身体障害者1級)
    (注意)接種券申請時または接種時に身体障害者手帳をご持参ください

定期予防接種の注意事項

接種にあたってはご本人の意思確認の署名が必要となります。万が一、この予防接種によって引き起こされた健康被害(重い副反応)が発生した場合は、国の予防接種健康被害救済制度が適用されます。

任意予防接種対象者

国が定めた定期予防接種対象者以外のかたは、取手市が行う任意予防接種の対象者となります。
接種日に取手市に住民登録があり、満65歳以上で全額自己負担を含め今までに一度も接種を受けたことがないかたが対象です。

任意予防接種の注意事項

接種にあたってはご本人の意思確認の署名が必要となります。万が一、この予防接種によって引き起こされた健康被害(重い副反応)が発生した場合は障害の程度により、取手市予防接種事故災害補償規則に基づいた災害補償、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度に基づいた救済が適用されます。

助成回数

一生涯に1回(過去に高齢者肺炎球菌の予防接種を受けたかたは助成できません)

助成額と助成のしくみ

助成額

2,000円
生活保護受給者は全額助成

助成期間

令和3年4月1日(木曜日)から令和4年3月31日(木曜日)(医療機関の診療受付時間に限ります)

助成のしくみ

医療機関が定めた金額から助成額2,000円を差し引いた金額で接種できます。
差額は、医療機関にお支払ください。

なお、接種料金は医療機関ごとに異なります。詳しくは医療機関にお問い合わせください。
接種の際は、市が発行した接種券と予診票が必要になります。

接種券の申請

申請は、接種希望者本人かそのご家族、成年後見人の申込みに限ります。
成年後見人のかたが申請する場合は、後見人であることを証明する書類を申請時にご持参ください。

窓口での申請方法

令和4年3月31日(木曜日)まで受付し、接種券は即日発行します。

保健センターで申請書を記入し、接種券と予診票の交付を受けてください。

(注意)生活保護受給者のかたは、申請前に市役所の社会福祉課で「生活保護受給証明書」を取得してから保健センター窓口で申請してください。

電話での申請方法

令和4年3月16日(水曜日)まで受付し、接種券は後日郵送します。

保健センターへお申し込みの際は、1から5の内容を確認させていただきます。
接種券と予診票は、申請されたかたへ後日保健センターから郵送します。

  1. 受けるかたの氏名、生年月日、住所
  2. 過去の接種歴
  3. 接種予定医療機関
  4. 生活保護受給の有無
  5. 申請されるかたの氏名と連絡先等

接種ができる委託医療機関

市内委託医療機関

国が定めた定期接種、任意接種対象者のかたは市内委託医療機関で接種ができます。
接種ができる委託医療機関の情報については以下のリンクをご覧ください。

市外委託医療機関

国が定めた定期予防接種対象者のかたは、茨城県内定期予防接種広域事業協力機関に掲載されていれば、市外でも接種することができます。接種ができる委託医療機関の情報については以下のリンクをご覧ください。

茨城県医師会茨城県内定期予防接種広域事業協力機関(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

(注意)特段の理由があって取手市が業務委託している医療機関以外で接種を希望する場合
入院入所等の理由により、委託医療機関で接種できない場合は、接種前に保健センターにお問い合わせください。

 

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901