ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年5月29日

桂林市の概要

このページでは取手市と中華人民共和国広西チワン族自治区桂林市についての比較情報をご覧いただけます。

取手市と桂林市の比較概要
比較内容 取手市 桂林市
人口 107,087人(2019年5月) 5,340,000人(2018年6月)
面積 69.94平方キロメートル 27,809平方キロメートル
地形
  • 南部は複雑に入り込んだ谷津田と大地、北部は平坦な水田地帯
  • 利根川と小貝川に囲まれている
  • 水と多くの緑に囲まれている

中国南部に位置する広西チワン族自治区(省都:南寧市)は、三方を1,000から1,500メートルの山々に囲まれている

都市の性格
  • 東京まで40キロメートルの首都圏内
  • 東京への通勤者が多く、ベッドタウンとしての性格が強い
  • 桂林市は同自治区の経済規模で第三の都市である
  • カルスト地形でタワーカルストが林立し、絵のように美しい風景に恵まれ、世界的な観光地である。特に山水画のような風景が広がる「漓江(りこう)下り」が、観光のハイライトとして広く知られている
  • 中国最大の少数民族であるチワン族をはじめ、32の少数民族が居住している
交通
  • 国道6号・294号線が通っている
  • 近隣に高速道路が通っている
  • JR常磐線、関東鉄道常総線
  • 近隣にTX(つくばエクスプレス)
  • 茨城空港、新東京国際空港(成田)・東京国際空港(羽田)
  • 2本の国道が交差している。G321国道・G322国道・G323国道・G357国道・G241国道
  • 主要駅は、湘桂線桂林駅、桂林北駅がある
  • 桂林バスターミナルには広州、深セン、珠海、長沙、成都、昆明をはじめとする多くの都市を結ぶ直行バスがある
  • 桂林両江国際空港
歴史
  • 旧石器時代の遺跡・遺物(中妻貝塚・向山貝塚等)が発見されている
  • 平将門伝説の地でもある
  • 戦国時代取手地域を支配していた相馬氏の高井城址がある
  • 水戸街道の宿場町として発展
  • 古来、百越(越族)の住む地であり、秦の始皇帝が征服して桂林郡を設置した
  • 111年に始安県が設置され、湖南省に近いため、荊州臨稜郡に属した
  • 265年始安郡始安県が置かれて初めて現在の桂林の町が形成された
産業 主産業は商業、農業。農産物は米、野菜等 主産業は観光
気候 温暖(平均14.8度) 夏は高温多湿、冬は温暖
教育
  • 公立小・中学校20校、私立小学校1校、私立中学校2校、高校7校(内私立高校2校)
  • 東京藝術(げいじゅつ)大学
  • 近隣には筑波大学、流通経済大学、つくば国際大学等、その他柏市、我孫子市、野田市などにある
  • 小学校1168校、中学校160校、高校56校
  • 広西師範大学、桂林理工大学、桂林電子科技大学など9校

取手市と桂林市の比較情報は下記からもご覧になれます。

取手市・桂林市の概要(PDF:2,280KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱