ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月23日

ユーバ市との交流経過

ユーバ市との姉妹都市協定締結

ユーバ市と藤代町は教育、文化、福祉、商工、農業等の交流を通じ、二つの地域間の親善と相互理解を深めるため、1989年11月28日ユーバ市において、吉田町長以下37名の使節団の出席のもと出席調印式を行い、姉妹都市協定書の締結が行われました。(ユーバ市:デニス・ネルソン市長、藤代町:吉田久夫町長)

その後の交流経過

1990年2月11日

ユーバ市よりデニス・ネルソン市長以下33名が藤代町に来日し、日本語協定書調印。
その後、中学生・高校生を毎年15から20名、一般市民5から10名程度派遣、来日交流を図りました。

概要

学生中心の交流でホームステイのスタイルで実施。
ユーバ市から藤代への訪問時期 5月中旬(浅草三社祭り頃)
藤代からユーバ市への訪問時期 10月下旬(ハロウィーン頃)

1992年2月

藤代町議会・農業委員等20名がユーバ市を訪問。

市の農政事情や行政について研修し、市議会傍聴などを実施しました。

1998年10月

姉妹都市締結10周年記念式典をユーバ市で開催。

小林町長以下27名が参加し、友好親善を願ってリー・ウェルチ市長より小林町長へ宣言文が手渡されました。

1999年5月

姉妹都市締結10周年記念式典を藤代庁舎前ユーバガーデンで開催。

友好親善を願って小林町長からボブ市長へ宣言文を渡しました。

2003年

姉妹都市締結15周年記念式典をユーバ市で開催。

2004年

姉妹都市締結15周年記念式典を藤代町で開催。

2005年度以降、取手市と旧藤代町との合併に伴い、取手市はユーバ市との姉妹都市交流を引継ぎました。

2005年

10月30日塚本市長、星議長、伊藤教育長がユーバ市訪問

更なる交流発展を目指し、新生取手市とユーバ市において姉妹都市協定書を新たに締結しました。また、武笠取手市姉妹都市協会会長がユーバ市名誉市民になりました。

市内中学生19名参加、市関係者及び取手市姉妹都市協会関係者8名が訪問
(平成17年10月27日から平成17年11月4日まで7泊9日)

2007年

10月29日 藤井市長がユーバ市において、両市の交流、特に学生交流のさらなる充実を図っていくことをユーバ市教育関係者及びユーバ市姉妹都市協会関係者に提案。この提案に基づき事務レベルで協議を行い、第一段階としてモデル校による交流を通じて子どもたちの異文化理解や国際化社会の意識を高めていくこととなりました。

市内在住中学生 22名
市内在住高校生 2名
市関係者及び取手市国際交流協会・姉妹都市協会関係者7名が訪問

2011年

ユーバ市児童生徒から東日本大震災被害への激励の手紙が765通届く。市内施設で展示を行った。

ジョン・デュークス市長、橋本知事を表敬訪問。

2013年

ユーバ市において姉妹都市締結25周年記念式典が開催される。

2014年

姉妹都市締結25周年記念式典を取手市で開催。

ユーバ市のホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。