現在位置 ホーム > くらしの情報 > 住まい・交通 > 住まい・建築・土地・開発 > 地籍調査 > 地籍調査はどのように役立つのか

印刷する

更新日:2022年5月18日

ここから本文です。

地籍調査はどのように役立つのか

地籍調査成果の活用については、土地所有者、行政などにとって多くの利点があるといわれており、そのうちで主なものを整理すると下記の事項が挙げられます。

  • 土地権利関係の明確化により境界紛争のトラブル防止ができます。
    地籍調査実施後は、土地の地番、地目、面積、境界などが確定し、登記簿に記載されるため、トラブル防止に役立ちます。
  • 土地取引において円滑化が図られます。
    土地の情報が登記簿に記載されるため、土地の分筆や合筆が容易になり、土地取引が円滑に進むことになります。
  • 固定資産税の適正化が図られます。
    高い精度の土地情報を得ることにより登記簿面積と実測面積の誤差が是正され適正かつ公平な課税が行われます
  • 公共事業の計画・設計・用地買収の円滑化が図られます。
    公共事業を実施するにあたり、用地測量や境界立会などの事務事業が簡素化されることで、事業期間の短縮がなされ、事業費の削減を図ることができます。
  • 災害復旧作業の円滑化が図られます。
    地籍調査完了後、地籍図を世界測地系の座標値データとして保管するため、震災などの自然災害が発生し土地の位置や形状が不明となった場合においても、迅速かつ正確に境界などを復元することができます。
  • まちづくり計画の基礎資料として利用できます。
    まちづくりの計画をするにあたっての基礎資料がしっかりとするため、計画そのものの誤差が小さくなり、関係する住民の誤解を招きにくくなります。

お問い合わせ

管理課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-72-2682

広告エリア

広告募集要綱