現在位置 ホーム > くらしの情報 > 税金 > 法人市民税 > 法人市民税の申告及び納付期限

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年1月25日

法人市民税の申告及び納付期限

法人市民税は、税金を納めなければならない法人等が自ら税額を計算して申告し、その税額を納めることとなっています。

それぞれの申告書の提出期限と納期限は次のとおりです。

中間(予定)申告

事業年度開始の日以後6か月を経過した日から2か月以内

中間(予定)申告の経過措置

法人税割額の税率の引き下げに伴い、平成26年10月1日以後に開始する最初の事業年度の予定申告の法人税割の算定方法を「前事業年度の法人税割額×4.7÷前事業年度の月数」とする経過措置が設けられています(通常は、「前事業年度の法人税割額×6÷前事業年度の月数」)。
また、仮決算による中間申告の税率は、平成26年10月1日以後に開始する事業年度から「100分の12.1」となります。

確定申告

事業年度終了の日の翌日から2か月以内。ただし、申告期限を延長している場合は、その期限まで(納期限の延長はありません)。

eLTAX(エルタックス)による申告

取手市への法人市民税の申告は、地方税ポータルシステム(eLTAX(エルタックス))を利用してインターネットで行うことができます。

詳細につきましては、以下のページをご覧ください。

eLTAX(エルタックス)による電子申告、電子申請・届出を開始しました!

納付書のダウンロード

法人市民税の納付書がダウンロードできます。

【エクセル版】法人市民税納付書(エクセル:33KB)

【PDF版】法人市民税納付書(PDF:177KB)(別ウィンドウで開きます)

納付書作成にあたっての注意事項

エクセル版

  • 一番左側の「法人市民税領収証書」のクリーム色の箇所(所在地及び法人名、年度、管理番号、事業年度、申告区分、法人税割額、均等割額、延滞金、督促手数料、納期限)を入力してください。自動的に「納付書」、「領収済通知書」に複写されます。
  • 日付は、必ず和暦で入力してください。(例…平成28年1月1日)
  • A4用紙で印刷してください。
  • 入力内容を確認の上、点線で3枚に切り離し、必ず3枚1組で本市指定の金融機関等へお持ちください。
  • 2枚目のシートに納付場所、延滞金に関する記載があります。ご確認ください。

PDF版

  • 「領収証書」、「納付書」、「領収済通知書」それぞれに同じ内容を記入してください。
  • A4用紙で印刷してください。
  • 記載内容を確認の上、点線で3枚に切り離し、必ず3枚1組で本市指定の金融機関等へお持ちください。なお、お使いのPC、プリンターによっては点線が表示、印刷されない場合がありますが、使用には差し支えありません。
  • 2枚目に納付場所、延滞金に関する記載があります。ご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

課税課(市民税)

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。