現在位置 ホーム > 市政情報 > 選挙 > 「選挙」のよくある質問 > 補欠選挙とは

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月3日

補欠選挙とは

補欠選挙が行われる場合

現職の議員が死亡したり、辞職したりしたすると議員定数に欠員が生じます。公職選挙法では、一定数以上の欠員が生じた場合に補欠選挙を行わなければならないとなっており、その要件は選挙の種類ごとに異なります。

衆議院議員小選挙区選出議員選挙

議員の欠員数が1人に達したとき

衆議院議員比例代表選出議員選挙

議員の欠員数が議員定数の4分の1を超えるにいたったとき

参議院議員選挙区選出議員選挙

議員の欠員数が1人に達したとき

参議院議員比例代表選出議員選挙

議員の欠員数が議員定数の4分の1を超えるにいたったとき

都道府県議会議員選挙

議員の欠員数が2人に達したとき

市町村議会議員選挙

議員の欠員数が議員定数の6分の1を超えるにいたったとき

 

分からない用語がある時は、以下の関連リンクにある選挙用語集をご覧ください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

総務課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。