現在位置 ホーム > くらしの情報 > 住まい・交通 > 住まい・建築・土地・開発 > 高度地区による建築物の高さの制限

ここから本文です。

印刷する

更新日:2016年12月9日

高度地区による建築物の高さの制限

高度地区とは、都市計画法に基づく地域地区の一つで、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区です。
取手市においては、土地利用の増進、日照、通風等の観点から、建築物の高さの最高限度を定める「第2種高度地区」と「第3種高度地区」の2種類の高度地区を、桜が丘を除く第1種中高層住居専用地域に指定しております。

第2種高度地区

取手市では、約169ヘクタールを第2種高度地区に指定しています。

第2種高度地区の指定内容は次のとおりです。

建築物の各部分の高さは、当該部分から前面道路の反対側の境界線、または隣地境界線までの真北方向の水平距離の1.25倍に7.5メートルを加えたもの以下、かつ当該水平距離から2メートルを減じたものの0.6倍に10メートルを加えたもの以下とする。

第2種高度地区説明図

第3種高度地区

取手市では、約248ヘクタールを第3種高度地区に指定しています。

第3種高度地区の指定内容は次のとおりです。

建築物の各部分の高さは、当該部分から前面道路の反対側の境界線、または隣地境界線までの真北方向の水平距離の1.25倍に7.5メートルを加えたもの以下とする。

第3種高度地区説明図

高度地区に関する詳細は以下のパンフレットをご覧ください。
取手市高度地区パンフレット(PDF:80KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

都市計画課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-72-6040

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。