現在位置 ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 災害に備える > 取手市内水実績ハザードマップ

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月27日

取手市内水実績ハザードマップ

内水実績ハザードマップを作成

河川の水を外水と呼ぶのに対し、堤防で守られた内側の土地(人が住んでいる場所)にある水を「内水(ないすい)」と呼びます。

大雨が降ると、側溝・下水道や排水路だけでは降った雨を流しきれなくなることがあったり、支川が本川に合流するところなどで、本川の水位が上昇すると、本川の外水が小河川に逆流することもあったりします。また、近年、短い時間で大量の雨が降る「ゲリラ豪雨」などにより、内水の水はけが悪くなり、溢(あふ)れ出る「内水はん濫」が起こることがあります。

取手市では、こうした内水はん濫の被害を軽減するために、過去に市内で内水はん濫が発生したと通報のあった場所などを示した「取手市内水実績ハザードマップ」を作成しました。

取手市内水実績ハザードマップダウンロード

取手市内水実績ハザードマップ(PDF:561KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

安全安心対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-3450

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。